綾瀬はるか ニュージーランドでスパイ疑惑→拘束されたことがある

10年ほど前の話なんですけど良いですか?

綾瀬はるかといえば、ドラマはもちろんテレビCMなどにもたくさん出演しているので、テレビを付けていたら見ない日はないくらいですね。

実はそんな彼女は今から10年前、2006年にニュージーランドの空港でスパイ疑惑をかけられ、1日空港で拘束されてしまったという噂が流れたことがあります。

しばらく前のニュースなので、この珍事を知ってる人もいるかもしれないんですけど、ちょっと興味深い話だったので紹介してみようと思います。

natadecocoさん(@natadecoco)が投稿した写真

綾瀬はるかが空港で拘束されたのは都市伝説?

まず思ったのは「都市伝説的なもの」なんじゃないか?ってことでした。

そこでインターネットで調べていくと、このスパイ疑惑で拘束されたのは本当だったようです。
2008年11月7日に行われた映画「ハッピーフライト」の試写会で本人が語ったり、テレビ番組でも本人が実際にしゃべっている映像をYoutubeで見つけました。

正確にはスパイ疑惑ではなくて、密輸疑惑をかけられたそうです。
でも、テレビでも「スパイ疑惑をかけられた」といっているので、そういうことにしておきます。

なんでそんなことになったのか

2006年のある日のこと、ニュージーランドの空港で「若いアジア人の女性スパイが空港に来る」という情報が流れていて、空港職員は「アジア人の若い女性」にターゲットを絞って、厳重な体制が取られていました。

当時20才の綾瀬はるかはもちろん「アジア人の女性は厳重注意」なんてことは、まったく知らずに撮影でニュージーランドの空港に立ち寄りました。

skitched-20130416-164323
This photo was originally taken by hazelisles

そしてセキュリティーチェックでゲートを通ったときのことです。彼女は空港職員に声をかけられました。
そういうことはセキュリティーゲートを通るときよくあることですよね。ベルトの金具とか、ポケットの中の出し忘れのものとかが反応してドキッとすることがあります。

彼女が止められた理由は、彼女の背中に何か不審なものが貼り付けられていたからです。

空港職員6名に取り囲まれながら、個室に連れて行かれる綾瀬はるか。
彼女は英語をしゃべることができませんでした。タレントだからといってこういう事態のときマネージャーが一緒に行けるわけでもなく、空港職員6人による取り調べが始まりました。

まず警備員は触診検査を行ない、そして次に彼女に命じたのは「服を脱いでください」でした。
密輸の場合、とんでもないところ、例えばお尻の穴とか、場合によっては皮膚をメスで切って体の中に麻薬などを隠す人がいるので、「服を脱がせる」というのはあながち度が過ぎた命令ではありません。

綾瀬はるかに限らずタレントに対して「服を脱げ」というのはすごいですよね。もちろん「私タレントだし脱ぎたくない」とも言えず、服を脱いで検査を甘んじて受けたそうです。

もちろん空港職員は全員女性でした。
そして裸になって、セキュリティーゲートで不審だと判断された背中に貼ってあった不審物が押収され、そして「これは何だ?」と聞かれました。

ところが「これは何だ?」と聞かれても、彼女の英語力では説明できません。
彼女の口から出てきた言葉は「HOT HOT」だけだったそうです。

空港職員がもし「爆弾を背中に隠している」可能性があると思っていたら、「HOT HOT」と答えるのは厳禁です。絶対に言っちゃいけません。爆弾は「HOT HOT」どころの熱さじゃありません。

英語が拙かったこともあって、彼女は結局丸一日検査のために密室に拘束され、一晩中泣いていたそうです。

ところで、彼女の背中に貼ってあったものが何だったのか、ここまで敢えて書きませんでした。いったい何だったと思いますか?勘が良い方なら、綾瀬はるかが背中に付けていた不審物が何だったかわかった方も多いんじゃないでしょうか。

そうです。背中に貼ってあったのは

skitched-20130416-161954

ホッカイロです

空港職員は当時ホッカイロの存在を知らず、1日かけてカイロを調べ上げたそうです。
きっと「麻薬ではなさそうだ」「じゃあ、なんだ?」「爆発物か?」なんてことになったんでしょうね。

ホッカイロって英語でなんて言うんだろう?

ところで空港で同じ状況になって「これは何だ?」と聞かれたら、なんて答えますか?

「HOT!HOT!」が間違いなくダメなのはもうわかりますね。

では、なんて言いましょう。
「hot pack」や「body warmer」、あとは「使い捨て」という意味を含めて「Disposal hot pack」などでも通じるみたいです。

ホッカイロ自体は、基本的に機内に持ち込みOKです。ところがホッカイロは金属を含んでいますので、体に付けているとほぼ間違いなく出国の時に検知されます。

余計な面倒を避けたい場合は、未開封のホッカイロをいくつか手荷物に入れておいて、ゲートを通る前に古いやつは捨ててしまいましょう。そのあと新しいホッカイロを貼れば、特に問題ないそうです。

皆さんも飛行機に乗るときのホッカイロは気をつけましょうね。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS