ニュージーランドの食事はまずい?住んでみて感じたこと

スポンサーリンク

よくイギリスをはじめニュージーランドやオーストラリアなど、イギリス連邦の国々の食事はまずいと言われます。

そのため「ニュージーランドに住んでいる」という話をすると「食事が美味しくないでしょ」とか「ちゃんとご飯食べれてる?」という変な心配をされることがあります。

でも、実際のところどうなんでしょう?

ニュージーランドの食事はまずい?美味しい?

ニュージーランドの食事がまずいのか、美味しいのか?実際のところどうなのか?を書く上で話をいくつかに分けてみました。

  1. カフェやレストランなどの外食
  2. ホームステイなどの食事
  3. 一般家庭で食べる食事

というのも、全てを混ぜて話を進めていくのはなかなか乱暴だなと思ったからです。3つに分けることで実際のところどうなんだろう?という話が見えてくると思います。

カフェやレストランなどの外食

Pegasus Bay restaurant

スポンサーリンク

まずはカフェやレストランなどの外食がまずいか、美味しいか?についてです。

個人的に感じるのは、ニュージーランドの外食はそんなに不味くはないと思います。ただ値段が高いのと、その値段を抑えようと思って、すごく安いお店に行くと痛い目にあうことがあります。

日本だとすごく安くても安いなりに美味しいですよね。
1200円の弁当も美味しいけど、スーパーマーケットで売っている300円の海苔弁もそれなりに美味しいです。

ところがニュージーランドの場合、20ドルのランチは美味しくても、6ドル7ドルのランチは正直なかなか食べるに値しません。

それと寿司スタンドのようなところの寿司を日本人が食べると、そのクオリティーにある意味ショックを受けます。僕は以前、寿司スタンドのサーモンロールを注文して、あまりの不味さにサーモンだけ食べて、他は全部食べなかったことがあります。

また日本なら街を歩けば、日本食、中華料理、韓国料理、イタリア、インド、そのほかありとあらゆる食べ物を食べることができます。ところがニュージーランドの場合、バリエーションが少ないです。

特に旅行中の小さな街の場合、美味しい美味しくないは別にして、どの街に行っても「肉を焼いた料理と山盛りのフライドポテト」とか似たような物しか選択肢がなかったりするので、様々な料理を食べる日本人は最初は美味しいと感じても、2日目3日目になると正直飽きてきます。

ホームステイでの食事

次はホームステイ先の食事です。

スポンサーリンク

これはホストファミリー次第です。「食事が美味しい・まずい」を決める理由の一つはその家の食文化がどんな感じなのかです。

多国籍な国なのでホストファミリーがニュージーランドでない可能性も十分あります。実際、僕のホストマザーはフィリピン人で毎回美味しい料理、しかもお米を食べれました。

でも別の家は「月曜日はビーフ」「火曜日は、水曜日は」とまるで「カレー曜日」があるのでは?と思うほど、単調な食事が続いたと言っていました。

そしてもう一つは「その家がホームステイをなぜ受け入れてるか」です。

ホームステイを受け入れる理由は大きく分けて二つあると思います。一つは「異文化交流ができる」です。そしてもう一つは「お金が入ってくる」です。

家によってはできるだけホームステイの子供にお金をかけずに、露骨に安い食事を提供したりします。つまり入ってくるお金をできるだけ手元に残そうとするわけです。そういう家庭に当たってしまうと食事が美味しいわけがありません。

実際、知人で食事があまりにも手抜きすぎたために、ホームステイを始めて1週間ほどで家を出たという人もいるほどです。

一般家庭で食べる食事

一般家庭で食べる食事はどうでしょう?これはホームステイとは関係なく、自分たちが自分たちのためにどんなものを食べているか?です。

スポンサーリンク

僕自身、何百何千の家を見てきたわけではないので、一概に「美味しい・まずい」と決めることはできません。

ただ感じるのは、スーパーマーケットで売っている食材や調味料は日本と比べると断然少ないです。自分たちもニュージーランドに住んでいて、「これ(調味料)があったら、あれが作れるのに」と思うことがあります。

しかも、ニュージーランド人は日本人と比べて食の幅が少ないように思えます。いろんな国の料理を自宅で食べず、定番の料理を食べ続ける印象が強いです。

そういう意味で日本人の目から見たら、どこかのタイミングで飽きてしまうかな?と思うことはあります。

ニュージーランドの食事は決してまずくない。でも。

あれこれと思うことを書いてきました。
最後にまとめるとすると、ニュージーランドの食事は決してまずくはありません。

ただし、日本の外食産業や家庭料理のバラエティーに富んだ、しかもクオリティーが高い食文化に慣れていると、どうしてもニュージーランドの食文化は単調で大味になりがちだし、安いお店に行った時はがっかりする可能性も高いです。

そういう意味では「ニュージーランドの食事がまずい」ではなく、「日本の食事が良すぎる」が正解なのかもしれません。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS