ニュージーで住む場所を選ぶ基準の1つ”Decile”って何?

ニュージーランドに住みたいなーと思っている方に質問です。
住む場所を選ぶとき、どんな基準で住む地域を決めたいですか?

判断基準は人それぞれだと思います。
家族構成や仕事、何を求めているかによって変わってきますよね。それに今と3年後でも変わっている可能性もあります。独身の人が結婚したり、夫婦だったのが子どもができたり、仕事が変わったり、夢が変わったり。

今日はそんな「住む場所を決める」ための基準の1つになるニュージーランドのシステム「Decile」を紹介したいと思います。
永住しようとしている人はもちろん、これから留学しようとしている人やワーキングホリデーでニュージーランドに渡航しようと思っている人にも耳寄りな情報ですよ。

Decileってなんだろう?

ニュージーランドにはDecile(デサイル)と言うシステムがあります。

これは簡単に言うとニュージーランド全国の小学校を1から10までの10段階で評価するシステムです。
「え?小学校?子どもいないし関係ないや」と思う人もいるかもしれませんね。ところが子どもいない方でも割と関係してくるんです。

このDecileと言うのは、ニュージーランドの学校を10等分してランク付けします。
そのランクの基準はザックリ言ってしまうと、その学校に通っている生徒(の親)の経済力です。

Decileの基準をキチンと書いておくとこんな感じです。

  1. 世帯の収入 … 所得層が下位20%の家族が学校に何%いるか。
  2. 職業 … スキルが低い仕事をしている家族が何%いるか。
  3. 家の混み具合 … 1寝室あたり何人の人が寝ているか。
  4. 学歴 … 大学卒業している家族がどのくらいいるか。
  5. 国からの補助 … 国から金銭的な補助を受けているか。

こういった基準で決められます。

Spaghetti Junction
© Chris Gin

Decile 10の学校は、生徒の家族がこれら5つの条件で良いスコアを出した全国10%の学校で、逆にDecile1の学校は良くないスコアを出した10%の学校ということです。

やっぱり子どもがいなければ関係ない?

こうやって書くと余計「子どもがいなければ関係ないんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。

ところがそんなことありません。
というのは、ニュージーランドは学区制なので、その学校のDecileが高ければその地域は所得の高い人が多いし、その逆に生徒の家族の多くが国からサポートを受けていると、その地域は比較的貧しい人たちが住んでいる地域と考えても良いわけです。

例えば、ウェリントンに引っ越してきた時、周りの人たちに「ここは住まない方がいいと言う場所はありますか?」と聞いたことがありました。
「住まない方がいい」というのは、主に治安ですね。

その時に「オススメしない」と教えてもらった地域はあとで調べてみると、Decileが低いところが多かったです。

移住はもちろん留学、ワーホリで家を探すときの基準に使えるというのは、そういう意味です。

dog waiting for ice cream

でもDecileがすべてではない

上でDecileが低いところは治安が悪いように書きましたけど、これは必ずしもそうではないので注意が必要です。

日本でも所得が高い人たちが多く住んでいるところが必ずしも安全で、所得が低い人たちが多く住んでいるところが治安が低いとは限りませんよね。

同じようにニュージーランドの地方、人口が1万人満たないような街に行くと所得の低い人たちがたくさんいます。そういうところはDecileが低いです。でもだからと言って治安が悪いとは限りません。良いところもあれば悪いところもあります。

そもそも「所得が低い=悪い人たち」と考えるのは安易すぎますよね。
それにあまり治安がよくない地域も、数百メートル離れたら閑静な住宅街だったりすることもあります。地域すべての治安が悪いわけでもありません。

でも、タイトルでも書いたとおり「判断する基準の1つ」としては使えると思います。それらを知った上で家を見に行ったり、街中を歩いてみるのが良いですね。

これからニュージーランドに移住しようとしている人、留学・ワーホリで渡航しようとしている人たちの参考になれば嬉しいです。

Decileの探し方

うっかりDecileのことを書かずに投稿してしまうところでした…
Decileは国が決めているものなので政府のウェブサイトに載っています。

Te Kete Ipurangi | Ministry of Education

このページで気になる地域や、すでに学校の候補が上がっていたら学校の名前を入れてみるとDecileを探すことができます。また更に詳しい学校の情報も掲載されているので、参考にしてみてください。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS