地図の不思議 ニュージーランドの地図は上下逆さま?

ニュージーランドに行くと決めたときくらいに、誰かが「ニュージーランドとかオーストラリアの地図は上下逆さまってホント?」と聞いてきたことがありました。

「そんなことないでしょ」と思いつつ、でもよくよく考えてみたら、「北が上」の地図を誰もが当たり前に使っているんですけど、誰かが決めたことなのかな?などなど不思議なことがいっぱいです。

そこで今日はそんなちょっとした地図のお話しです。

ニュージーランドの地図は逆さま?

最初にニュージーランドの地図は逆さまなの?という話から始めたいと思います。
答えだけを書くと「ニュージーランドで普通に使われている地図は日本で使われているものと同じ」です。

上下逆さまの地図は、例えばバックパッカーズとか語学学校とか、あとは観光地にあるカフェなどで「上下逆さまの地図」を見かける程度です。あとはお土産物屋さんに行くと売ってることが多いですね。

地図を上下逆さまに見ることってあまりないですよね。ちょっと試しに上下逆さまの地図を見てみましょう。
どこに日本とニュージーランドがあるか探してみてください。

Upside Down World Map

見慣れたものが逆さまなだけなのに、すごい違和感がありますね。
パッと見ただけで、ニュージーランドと日本を見つけられる人は少ないのではないでしょうか。見つけられたとしても、何となく気持ちが悪いです。

でも、これも「北が上」というのになれて過ぎているからなんですね。

ところで、何で地図は「北が上」なんでしょうか。
「北が上」が正しいのであれば「南が上」も正しいのに、一般的に使われる地図は全て「北が上」です。そこでどうして「北が上」になったのかをちょこっと調べてみました。

「北が上」は2000年の歴史を持つ

地図の歴史を紐解いていくと「北が上」と定着し始めたのは、今から約2000年も遡ります。

小難しいことを書くと読むの疲れちゃうと思うので、すごくざっくりとした説明をすると、古代ローマの天文学者が書いた本が、その後1000年以上ずっと教科書として使われていたので、「北が上」が定着したそうです。

Sepak Takraw from Schagen's World Map (1689)
© Philip Chapman-Bell

これは憶測なんですけど、古代ローマはもちろん北半球にあるので、北極星が空の中心として考えられていました。なので、この天文学者は「北を上とする」と思って書いたわけではなくて、「北極星が頂点」という球体をイメージしたんじゃないでしょうか。

その後も文明は基本的に北半球が主導で栄えていったので、「北が上」という考えが覆されたり、否定されることはなかったんですね。

違う角度から地図を見ると面白い

日本人に取って地図と言えば「北が上で太平洋が真ん中にある地図」を思い浮かべる人が多いですね。
ところがヨーロッパに行くと、太平洋は真ん中ではなく大西洋が真ん中にあります。球体なのでどこで切るかはその人の自由なわけです。

Aの地図が大西洋を真ん中にしたものです。残念なことにニュージーランドは世界の果てです。

worldmaps

そしてCはその地図を上下逆さまにしてみました。
さらにBはこれは現実社会でも有り得ないんですけど、左右逆転ですね。Dはそれを上下逆転したものです。

考え方によって地図は「西が上」とか「東が上」でも球体なので間違ってはいません。
でも、幾ら探してもそういう地図は見つけられませんでした。全然違う見え方になって面白いと思ったんですけどね。もしどなたか西か東が上になっている世界地図を見たことがある方いればお知らせください!

ちなみにAmazonでは、「世界逆さ地図」というものが600円ちょっとで売っています。
レビューにも書いてあったんですけど、よーく考えたら文字の上下が気にならないなら普通の地図を買って逆さまに貼れば良いんですよね。

と、いうことで今日はほぼニュージーランドとは関わりがなくなってしまいました。
でも、個人的には地図が北になった起源とかがわかってお勉強になりました。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS