祝日のLabour Dayは勤労感謝の日ではない。その違いは何?

スポンサーリンク

ニュージーランドでは毎年第4月曜日がLabour Dayという祝日です。

今年2017年でいうと明日です。
土日月と3連休、しかも長い冬が終わって暖かくなり始めた最初の連休なので、観光地はもちろんショッピングモールや飲食店はけっこう賑わいます。

またさまざまなお店でLabour weekend saleというセールを行っています。けっこうこのタイミングでクリスマスのプレゼントを買う人たちも多いです。

ところでLabour Dayというと多くの日本語のガイドブックで「勤労感謝の日」と訳されているんですけど、なんとなく昔からその訳に違和感を感じていました。

そこで、勤労感謝の日とLabour Dayの違いについて調べてみたら、やっぱり意味が違っていたので今日はそんな「勤労感謝の日とLabour Dayの違い」を紹介します。

日本の勤労感謝の日って何の日

Aro Market

日本の勤労感謝の日は来月「11月23日」ですね。

スポンサーリンク

まず勤労感謝の日がどんな日なのか調べてみました。日本には祝日法という国民の祝日について定めた法律があって、そこには勤労感謝の日の定義としてこんな風に書かれていました。

勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう

つまり、「俺たちよくがんばったよなー」とお互いに感謝し合う、つまり励まし合う日なんですね。

さらに「勤労感謝の日の起源」を遡っていくと、もともとは飛鳥時代からある宮中祭祀の1つで収穫物に感謝する「新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)」が勤労感謝の日の原型だということがわかりました。

ところが、第二次世界大戦で日本が敗戦したことで、アメリカは天皇と国政を切り離すことを目的に、天皇や皇室の色が強くでる宮中祭祀の「新嘗祭」は取りやめになり、そのかわりとして勤労感謝の日が生まれました。

ニュージーランドのLabour Dayは何の日?

それでは、ニュージーランドのLabour Dayはいったい何の日なのか?を見てみましょう。

Labour Dayは1840年にSamuel Parnellが世界で初めて「8時間労働」を勝ち取ったことと深く繋がっています。

Samuel Parnellが唱えた8時間労働という制度が取り入れられてから50年経った1890年の10月28日に、50年周年記念として盛大なお祝いが行われました。

当時は「Labour Day」もしくは「Eight-Hour Demonstration Day」と呼ばれていましたが、時代と共に「Labour Day」が残りました。

セール情報

記事の途中でスミマセン。ちょっとだけお知らせを。ニュージーランド航空がセールを行ってますよ!期間は7月31日まで。

渡航期間はニュージーランドの冬から春にかけての7月18日から10月31日までで、最安値はエコノミーで89,000円からです。プレミアム・エコノミーやビジネス・プレミアも見逃せない価格となっています。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、直接「予約ページ」へアクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

なので、「Labour Day」には「お互いの労働を称える」という意味も込められているかも知れませんが、もともとは8時間労働を唱えたSamuell Parnellを称え、「8時間労働という制度を祝う記念日」だったんですね。

国によって少しずつ違うLabour Dayの意味

Newtown Festival 2015

Wikipediaを見ると、日本の「勤労感謝の日」と「Labour Day」は完全に分けられた扱いになっています。

日本の「勤労感謝の日」は英語にすると、Labour Dayではなく、Labour Thanksgiving Dayとなるそうです。

それ以外にも国によって、少しずつLabour Dayは意味合いが違うようです。

1つ1つの国の成り立ちにも大きく関わってくる祝日なので奥が深すぎて個別では紹介できませんが、May DayとLabour Dayを同じ日として扱い、労働者たちがストライキをして労働権利の主張をしたりする国もあったり、日本のようにお互いの労働をたたえ合う日という意味合いが強い国もあります。

こういう同じ言葉、もしくは似た言葉なのに国によって違う意味を持つというのは興味深いですね。

こういうのを1つ1つ知っていくことでその国の文化とか考え方に触れていけるような気がするので、大好きです。

スポンサーリンク

 

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS