ニュージーランドに来たら食べておきたい秋のフルーツ「フィジョア」

スポンサーリンク

今日は以前からずっと紹介しようと思いつつ、毎年シーズンを逃して紹介できなかったものを紹介したいと思います。

それはニュージーランドでよく食べられている秋のフルーツ「フィジョア(フェイジョア)」です。日本ではあまり馴染みがありませんが、ニュージーランドではこの時期、どこに行っても売っている定番中の定番です。

フィジョア(フェイジョア)っていったい何?

今日紹介したいフルーツは、フィジョア、またはフェイジョアと呼ばれるフルーツです。英語だとfeijoaと書きます。
日本ではあまり耳慣れない、見慣れない果物なんですけど、ニュージーランドでよく食べられていて、3月から6月くらいにかけてはスーパーマーケットなどでよく見かけます。

また一般家庭でフィジョアの木がある家も多く、フィジョアが生る時期になるとご近所さんや知り合いに配るところもあります。

とりあえず、どんなフルーツなのか写真を見てもらったほうがわかりやすいですね。

Feijoa

大きさは卵くらいですかね。それより大きいことも小さいこともあります。見たことありますか?

生で食べる時はキウィを輪切りにしてスプーンですくって食べるのと同じ食べ方を我が家ではします。皮をむいて食べる人に会ったことありませんけど、どう食べるのが一般的なんでしょう。

断面は?ということこんな感じです。

Feijoa

味はちょっと酸味があって、よくパイナップルやバナナとか、梨のような味と言われます。食感は真ん中がちょっとドロっとしていて、食べられる種が入っています。ドロっとしたところの周りは柔らかい洋梨ですかね。

それと食べる前にキウィを食べるときと同じで、冷蔵庫に入れずにその辺に置いておいて「追熟」させることをオススメします。ちなみに上の写真のフィジョアは追熟していなかったので、ちょっと甘みが少なかったです。

フィジョアはもともと南米原産の果物で、それがニュージーランドに渡ってきて人気が出ました。木としてはユーカリとかグアバの仲間です。

フィジョアの食べ方

Feijoa

僕は基本的に生でしか食べたことがないんですけど、以下のような食べ方もあります。

01. 生で食べる

これは敢えて書くほどではありませんね。
半分に切ってスプーンですくって食べたり、ヨーグルトに入れたり、他のフルーツとあえてフルーツサラダみたいにして食べます。

02. マフィンに入れて食べる

マフィンに入れた「フィジョア マフィン」というのもあります。
バナナ マフィンと同じ感じで少し潰して食べやすい大きさにしたフィジョアをマフィンの生地に入れて焼きます。

03. ジャムにして食べる

フィジョアを半分か1/4に切って、あとは水、砂糖、それと少しのレモンを入れて煮るとジャムを作ることができます。
家にフィジョアの木がある人はジャムをよく作ると、先日聞きました。確かにジャムは「こんなに!?」というくらい煮ても量が減るし、日持ちもしますからね。

04.コンポートにして食べる

「ジャム」と似ていてちょっと違うコンポートにして、ケーキやヨーグルトと一緒に食べることもできます。コンポートは浅漬けならぬ、浅く煮るイメージですね。

フィジョアの場合、砂糖の他にシナモンや八角を入れることもあります。

実は日本でも栽培できるし苗木を買える

日本ではあまり見かけないフィジョア。
実は日本でも一時期盛んに栽培されていたそうです。ところが、あまり人気が出ずに市場から姿を消してしまったとか。

それでも、今でも日本で栽培し、苗木を売ってくれるところもあります。鉢植えでも栽培ができるみたいです。

日本でフィジョアを食べたい!という方は「フェイジョア 苗木 地名」などで探してみると売ってるかもしれませんよ。あとはオンラインでも買えるところがあったので、探してみましょう。

ニュージーランドで見かけたら食べてみましょう

フィジョア。上でも少し書きましたけど、採れるのは3月から6月です。もし旅行中にスーパーやカフェなどで見かけたら、ぜひ食べてみてください!生で食べる時は追熟を忘れないようにしましょう。

ちょっとだけ癖があるので、100人が100人美味しい!という味ではないかもしれませんが、そのくせが病みつきになる人もけっこういます。

ぜひお試しを!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS