ShrimpとPrawn、海老と蝦の違い

スポンサーリンク

ShrimpとPrawnの違いが急に気になりました。

自分のイメージではPrawnは大きくて、それより小さいのがShrimpという感じでした。
なので日本語だと「Prawnはエビ」で「Shrimpは小エビ」です。

なのでもしPrawn Tempuraと書いてあれば大きなエビの天ぷらを想像できますが、Shrimp Tempuraと書かれてたら小エビのかき揚げ?と思ってしまいます。

でも、それって本当に正しいのかな?と思って調べてみました。

いろんな話の前に、一言だけ

調べていて気がついたんですけど、エビって昆虫の仲間なんですね…。


This photo was originally taken by NellyPro

もとは同じ生き物で陸で進化したのが虫。海中で進化したのがエビ。

両方とも節足動物という意味では同じ生き物でした。

スポンサーリンク

採れたてピッチピチの海老を中華鍋で炒めていたらヨダレが出るのに、同じ節足動物のコオロギがピッチピチの状態で中華料理で炒められていたら「気持ち悪い!」ってなりますよね…。

そんな海老が何万何十万と養殖されて、人間の口の中に入るって考えると、複雑な気持ちになりました…。

ささ。
気持ちを切り替えてShrimpとPrawn。それとついでに漢字の海老と蝦の違いを調べてみましょう。


This photo was originally taken by FrogStarB

英和と英英辞書で調べてみる

まず英語のShrimpとPrawnの違いを英和辞書で調べてみると

  • Shrimpは、「Prawnより小型のエビ」もしくは「取るに足らない人」
  • Prawnは、車エビなど中型のエビの総称

でした。

「取るに足らない人」のくだりで遊びたいところなんですけど、話が長そうなので無視しちゃいます。

さらに英英辞書で調べると

  • Shrimp is a small sea creature that has ten legs and a soft shell [SYN] prawn
    , is someone who is very small, used humorously.
  • Prawn is a small pink shellfish that can be eaten [SYN] shrimp

となってました。

英和辞典だと「Prawnの方が大きい」という記載があるので、何となく自分が抱いていたイメージは合っていたのかな?という気がしますね。


This photo was originally taken by buzz.bishop

Wikipediaで掘り下げてみる

Wikipediaで掘り下げていくと、イギリス英語とアメリカ英語で考え方が違うっぽいことがわかりました。

shrimp-and-prawn
こんな感じです。
イギリス英語では両方の総称がPrawn。アメリカ英語ではShrimpが総称みたいです。なんだかムズカシイですね…

PrawnとShrimpの違いって結局は何?

そこでもうちょっと掘っていくと、ShrimpとPrawnは生物学的には違う生き物のようです。

Prawnは学術名をDendrobranchiataと言い日本語では「車エビ亜目」というそうです。
ところがShrimpはCaridea(エビ亜目小エビ下目)と言うそうです。

と言ってもピンと来ませんよね。

もっとわかりやすい違いがありました。

それの違いはエラの構造です

ってやっぱりなんか全然わかりません。

さらにもう一つ甲羅の作りが違うって言うのもあるんですけど、もっとわからなくなりそうなので、この説明は止めておきます。


This photo was originally taken by GenBug

で、結局はどこが違うの?

学術的にはハッキリ違うShrimpとPrawnなんですけど、実際食べる人たちにはわからない違いばかりでした。

いろいろ調べてみてわかったのは、一般的には大きさで「Lobster > Prawn > Shrimp」と分けて、さらにLobsterとPrawnは海中を歩行で移動することが多く、Shrimpは主に海中を泳いでいるそうです。

ということでアレコレこね回して書きましたが自分が抱いていたイメージはだいたいアタリでした。

ところで海老・蝦の違いは?

すっかり放置されていた海老と蝦の違い。

エビという漢字はいろいろあるの知っていましたか?
海老、蝦、螧、魵、蛯など。これらにもそれぞれ違いがあるんです。

その違いというのが偶然なのか、それとも何か繋がりがあるのか「Lobster>Prawn>Shrimp」と同じ分かれ方をしています。

Lobsterなど大型のエビを「海老」
Prawnにあたる中型のエビで海底を歩行するのが「螧」や「蛯」
そしてShrimpにあたる海中を泳ぐのが「蝦」「魵」「鰕」と言うそうです。

でも、これも厳密ではないし、日本人だって区別が出来ない人がほとんどですよね。
中にはShrimpと呼ばれているのに体が大きいのがいたり、海底を歩くPrawnなのに小さいのもいるようです。

まぁ、食べるときは学術的なこととか、海を歩くのか泳ぐのかなんて関係ないんですけどね。美味しいか不味いかです。

そんなShrimp、Prawnの違いよりも

それより海老と昆虫は「もともとは同じ仲間」っていう最初に書いた事実の方がショックでした。

個人的にはイナゴとか、蜂の子の佃煮は大好きなので、この事実を知っても何も変わりません。
でも、人によっては今後の海老生活に影響を及ぼしそうな話ですね

もし、この記事を読んで、海老が食べられなくなってしまった人が出たら、ゴメンナサイ…。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS