何気ない疑問。ShrimpとPrawn、海老と蝦の違いって何だろう?

スポンサーリンク

今回は日々のちょっとした疑問を調べてまとめてみました。

皆さんは日本語の「海老」と「蝦」の違い、そして英語の「Shrimp」と「Prawn」の違いって何か知っていますか?

調べてみると意外と面白いことがわかったので紹介します。

勝手なShrimpとPrawnの違いのイメージ

Prawns

まずは僕自身の勝手なShrimpとPrawnの違いのイメージから書いていきます。

僕のイメージではShrimpよりもPrawnの方が大きい印象があります。

スポンサーリンク

なのでもし「Prawn Tempura」と書いてあれば大きなエビの天ぷらを想像できますが、「Shrimp Tempura」と書かれてたら「小エビのかき揚げ」を連想します。と思ってしまいます。

勝手な印象ですよ。でも、それって本当に正しいのでしょうか。

いろんな話の前に、一言だけ

この記事を書くためにいろいろ調べていて知ったんですけど、エビは「昆虫の仲間」という説があるそうです。

海老も昆虫も節足動物という意味では同じ生き物でした。
進化の過程のなかで海で生活するようになったものが海老。そして陸地で生息するようになったのが昆虫だとか。

そしてダンゴムシは昆虫ではなく、海老や蟹と同じ分類に入るそうです。これも意外。

そう思うと、採れたてピッチピチの海老を中華鍋で炒めていたらヨダレが出るのに、同じ節足動物のバッタがピッチピチの状態で中華料理で炒められていたら「気持ち悪い!」ってなる人多いっていうのは不思議です。

個人的には母方の実家がイナゴとか蜂の子を食べる地域に住んでいたため、そういう虫の佃煮を食べることにまったく抵抗がありません。むしろ「美味しそう」と思ってしまうほどです(笑

さて話がそれましたがShrimpとPrawn。それとついでに漢字の海老と蝦の違いを調べてみましょう。

本日でセール終了!

ニュージーランド航空が10月19日から11月19日までのあいだセールを開催しています。
対象機関は11月から4月で、今回のセールの最安値は8.9万円です。

さらに今回はエコノミーのチケットを買った方のなかから抽選で30名がプレミアム・エコノミーにアップグレードします!これはスゴイ。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

英和と英英辞書でPrawnとShrimpの違いを調べる

まず英語のShrimpとPrawnの違いを英和辞書で調べてみると

  • Shrimpは、「食用の小エビ」もしくは「チビ」「取るに足らない人(もの)」
  • Prawnは、エビ。中型エビの総称

でした。

「取るに足らない人」「チビ」なんていう意味もあるんですね。面白いです。

さらに英英辞書で調べると

  • Shrimp is a small free-swimming crustacean with an elongated body. typically marine and frequently of commercial importance as food.
    , is someone who is very small, used humorously.
  • Prawn is a marine crustacean which resembles a large shrimp.

となってました。

英和辞典だと「PrawnはShrimpより大きい」という記載があるので、何となく自分が抱いていたイメージは合っていたのかな?という気がしますね。

イギリス英語とアメリカ英語でも違う

他にも動物学的な違いとは別で、一般的にどう考えられているか?をみていったときにイギリス英語とアメリカ英語で若干異なるようです。

shrimp-and-prawn

スポンサーリンク

こんな感じです。
イギリス英語では両方の総称がPrawn。アメリカ英語ではShrimpが総称みたいです。なんだかムズカシイですね…

もう少し違いを掘り下げてみる

もう少し掘り下げてみたんですけど、ちょっと小難しい話になってしまいました。ここはあまり興味ない方は飛ばしても良いかも?です。

まず、ShrimpとPrawnは両方とも十脚類と呼ばれる生き物で脚が10本あります。

ところが生物学的に更に分類していくと、Shrimpは「エビ亜科」と呼ばれるところの属し、Prawnは根鰓亜目(こんさいあもく)と呼ばれるところに属しています。

外見の違いはいくつかあるんですけど、正直なところそれらを全部聞いたあと「うん。その違いどうでもいいかも」と言いたくなるようなことが多かったです。

なので、ここでは「ザックリ」とまとめてみると

  • 殻の構造が違う
  • ハサミがPrawnは左右に3本ずつ6本、Shrimpは左右2本ずつ4本ある
  • エラの構造が違う
  • 卵を産むとPrawnは海中に放流する。Shrimpは卵を抱える

大体こんな感じです。どうですか?だいぶ生物学的な話ですよね。

そして生息する場所にも違いがあります。

スポンサーリンク

  • Shrimpは主に海水に
  • Prawnは海水でも生息しているが真水に生息している

とのことです。だから、タウポのPrawn Farmは真水でエビが生息しているんですね。

PrawnとShrimpの違いって結局は何?

学術的にはハッキリ違うShrimpとPrawnなんですけど、実際食べる人たちにはわからない違いばかりでした。

いろいろ調べてみてわかったのは、一般的には大きさで「Lobster > Prawn > Shrimp」と分けて、さらにLobsterとPrawnは水中を歩行できることが多く、Shrimpは主に水中を泳いでいるそうです。

ところで海老・蝦の違いは?

すっかり放置されていた海老と蝦の違い。

エビという漢字は海老と蝦以外にもいろいろあるの知っていましたか?
螧、魵、蛯などこれらにもそれぞれ違いがあるんです。

その違いというのが偶然なのか、それとも何か繋がりがあるのか、「Lobster>Prawn>Shrimp」と同じ分かれ方をしています。

Lobsterなど大型のエビを「海老」
Prawnにあたる中型のエビで歩行できるエビが「螧」や「蛯」
そしてShrimpにあたる水中を泳ぐのが「蝦」「魵」「鰕」というそうです。

でも、これも厳密ではないし、日本人だって区別が出来ない人がほとんどですよね。

スポンサーリンク

まぁ、食べるときは学術的なこととか、海を歩くのか泳ぐのかなんて関係ないんですけどね。

そんなShrimp、Prawnの違いよりも

それより海老と昆虫は「もともとは同じ仲間」という最初に紹介した事実の方がショックでした。

人によっては今後の海老生活に影響を及ぼしそうな話ですね

もし、この記事を読んで、海老が食べられなくなってしまった人が出た場合はゴメンナサイ。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS