カフェラテとカフェオレ・コーヒー牛乳の違い

スポンサーリンク

カフェに行くと「カフェラテ」「カフェオレ」というメニューを目にすることがあります。

またコンビニやスーパーには「カフェラテ」「カフェオレ」、そして「コーヒー牛乳」という飲み物が売られています。

では「カフェラテ」「カフェオレ」「コーヒー牛乳」の違いとはいったい何でしょう。

カフェラテとは何?

カフェラテはイタリアが発祥の飲み物です。

イタリア語では「Caffè latte」と書き、日本語に訳すと「Caffè」が「コーヒー」、そして「latte」が「牛乳」という意味です。

カフェラテはエスプレッソコーヒーにスチーム(蒸気)で温めた牛乳を注いだものです。コーヒーと牛乳の割合はお店によって異なりますが、だいたい「1:2」です。

スポンサーリンク

スチーム(蒸気)で温めたミルクは鍋などで温めたミルクと違い、泡がきめ細かくクリーミーになります。そのため口当たりが非常に滑らかです。

カフェオレとは何?

カフェオレはフランス生まれの飲み物です。

カフェオレはフランス語で「Café au lait」と書きます。日本語に訳すと「Café」が「コーヒー」、「au」が前置詞、そして「lait」が「牛乳」となります。

カフェオレは鍋などで温めたミルクと、粉にしたコーヒーにお湯を注いで作るドリップコーヒーを「1:1」の割合で合わせます。もしコーヒーと牛乳の割合が違うと、違う名前の飲み物になります。

コーヒー牛乳とは何?

最後にコーヒー牛乳とは何か?についてです。

コーヒー牛乳自体に明確な定義はありません。作り方もコーヒーの抽出方法もミルクの温め方も決まっていません。

ただいろいろ調べていくと「コーヒー牛乳はあくまでも牛乳なので、牛乳が多い」とのこと。言葉として「牛乳」が後にくるので主役は牛乳ということですね。

スポンサーリンク

例えば「イチゴミルク」は「イチゴ味の牛乳」だし、「メロンシャーベット」は「メロン味のシャーベット」、それと同じでコーヒー牛乳は「コーヒー味の牛乳」です。

そのため極端な話、牛乳200mlに10mlのコーヒーを入れた物は「コーヒー牛乳」でも、その反対の200mlのコーヒーに10mlの牛乳を入れた物は「ミルク入りコーヒー」です。

ちなみに発祥については「コーヒー牛乳」自体が日本語なので、日本とも言えなくありませんが、世界中で飲まれているものなので特にありません。

タイプ別お勧めコーヒーはこれ

タイプ別にカフェラテ・カフェオレ・コーヒー牛乳のどれがお勧めなのか紹介します。

コーヒーの風味を強く感じたいなら

カフェラテはコーヒーと牛乳の割合でこそカフェオレよりも少なめなのですが、コーヒーが凝縮されたエスプレッソを使っているため、コーヒーの風味や苦味を強く感じます。

そのため「コーヒーは濃い方が良い」という方にお勧め。

ちなみに「もっとコーヒーが強いほうが良い」という場合は、カフェで「牛乳を少なめ」にしてもらうか、「コーヒーのショット数を増やしてもらう」と良いかもしれません。

スポンサーリンク

またメニューに「フラットホワイト」というコーヒーがあれば、フラットホワイトを頼むのもありです。フラットホワイトはラテよりも牛乳が少ないため、よりコーヒーを楽しむことができます。

コーヒーも牛乳も楽しみたいなら

上で触れたとおり、カフェラテはコーヒーが少し濃いめです。

その点、カフェオレは牛乳とコーヒーの比率が1:1。
しかもコーヒーがエスプレッソではなく、ドリップコーヒーなのでエスプレッソほど濃くありません。またドリップコーヒーの方がコーヒーの苦味が少ないです。

そのためカフェオレはコーヒーの風味を楽しみつつ、牛乳の甘さ・風味も楽しめるカフェラテがおすすめです。  

ジュース感覚で飲みたいなら

カフェなどに行くとカフェラテやカフェオレは売っていますが、コーヒー牛乳は売っていません。

コーヒー牛乳は一般的にコンビニやスーパー、それと銭湯で売っているものです。どれも牛乳が主体で甘さが強め。

ジュース感覚で飲みたいならコーヒー牛乳がおすすめ。またカフェラテやカフェオレはカフェインをそれなりに含みますが、コーヒー牛乳はカフェインが入っていないか、かなり抑えめなので子どもも安心して飲むことができます。

スポンサーリンク

まとめ:実は似て非なる3つのコーヒー

では最後に今回の話をまとめです。
今回比較したカフェラテ・カフェオレ・コーヒー牛乳はコーヒーと牛乳を混ぜた飲み物であることは同じではありますが、その割合などが違うことがわかりました。

違いを一覧にしてみます。

ラテオレ牛乳
発祥イタリアフランスなし
コーヒーエスプレッソドリップ問わず
牛乳スチームミルク問わず問わず
牛乳:コーヒー2:11:1牛乳多め
コーヒーの強さ

細かい違いはいろいろありますが、コーヒーの濃さなどを基準に選んでみてはいかがでしょうか。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク