アイスクリーム・ソフトクリーム・ジェラートの違いは何?

スポンサーリンク

この記事ではアイスクリームとソフトクリーム、そしてジェラートという、どこか似ているけど何かが違う3つの違いをまとめて紹介します。

きっとこの記事を見つけてくれた方は、ソフトクリームやジェラートが好きなはず。アイスクリーム、ジェラート、ソフトクリームのなかでどれが一番好きですか?

そしてその理由は何ですか?そんなことを考えながら読み進めてもらえたら嬉しいです。

「アイスクリーム」は人によってイメージが違う

まず初めに今回「アイスクリーム」「ソフトクリーム」「ジェラート」の違いを知るための基準となる「アイスクリーム」が何か?から紹介します。

アイスクリームは広い意味だと「乳固形成分を3%以上含んだ氷菓全般」を指します。

つまり「アイスクリームとジェラートの比較・違い」といっても、どんなアイスクリームを想像するかで大きく印象が変わります。

スポンサーリンク

例えば濃厚な「ハーゲンダッツのバニラ」と同じアイスクリームでも軽い口当たりの「ロッテの爽」で印象はかなり違います。

そこでこの記事では広い意味の「アイスクリーム」ではなく、厚生労働省が規定している中分類としての「アイスクリーム」に絞って比較したいと思います。

アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイス・氷菓の違い
「アイスクリーム」と聞いて思い浮かべるアイスは何ですか?ハーゲンダッツのような濃厚なものから、ガリガリ君のようなさっぱりスッキリとしたものを思い浮かべる人もいるはずです。この記事にたどり着いた方な...

日本ではアイスクリームは3つに分類されます。

  • アイスクリーム … 乳固形分が15%以上、うち乳脂肪分が8.0%以上
  • アイスミルク … 乳固形分が10%以上、うち乳脂肪分が3.0%以上
  • ラクトアイス … 乳固形分が3%以上

ちなみにハーゲンダッツは「アイスクリーム」で、「ロッテの爽」はラクトアイスです。

この記事では中分類の「アイスクリーム」と「ジェラート」「ソフトクリーム」を比較します。

ソフトクリームとは何か

皆さんご存じの通り、ソフトクリームとアイスクリームは食感がまるで違います。では材料は?というと、だいたい似た材料を使っています。

アイスクリームとソフトクリームの食感の違いを生む理由は主に2つ。製品温度と空気を含む量(オーバーラン)です。

スポンサーリンク

アイスクリームもソフトクリームも初めはクリーム状で製造されます。アイスクリームはその後、容器に詰められマイナス30度で一気に凍らせます。販売時の温度はマイナス18度くらいなので溶けずにカチカチのままです。

ところがソフトクリームは最初のクリーム状のまま固く凍らせず、クリームの状態を維持するするために製品温度はマイナス4度からマイナス7度くらいで常に攪拌(かくはん)されています。

ソフトクリームは一般的なアイスクリームより空気含有量が少なくいです。一般的なアイスクリームは60%前後、ソフトクリームは40%くらいと言われています。それによって滑らかでクリーミーな口当たりになります。

ちなみに乳脂肪分についてはアイスクリームと同じで乳脂肪分が高い物もあれば、反対に低い物もあるので、一概に比較するのは難しいです。

ジェラートとは何か

ジェラートは本来イタリアの氷菓です。Gelatoはイタリア語で「凍った」という意味です。

ソフトクリームと同じようにアイスクリームよりも製品温度が高く、一般的にマイナス8度からマイナス10度くらいです。

ソフトクリームよりも空気の含有量(オーバーラン)が少なく、ジェラートにもよって変わりますが、空気の含有量が20%から40%前後と密度が高めです。

空気の含有量が少ないことでジェラート特有のねっとりとした食感を生み出します。

スポンサーリンク

また乳脂肪分はジェラートのほうが低めです。理由として挙げられるのはフルーツやチョコレートなどを多く含んでいるからです。

それによってアイスクリームやソフトクリームと比べてさっぱりした印象を持つ人もいるかもしれません。

ちなみに日本ではジェラートは乳成分が低めなので「アイスクリーム」には分類せず「アイスミルク、またはラクトアイス」に分類しています。

まとめ:違いは温度と空気の量

ということでひとつひとつの違いを紹介してきました。最後にアイスクリームとソフトクリーム、そしてジェラートの違いをまとめていきましょう。

まず販売温度が「アイスクリーム」と「ソフトクリーム・ジェラート」で別れます。アイスクリームは溶けると困るので温度が低め。そしてソフトクリームとジェラートはクリームの状態を維持する必要があるので、温度が少し高めです。

そして空気を含む量が「アイスクリーム→ソフトクリーム→ジェラート」の順で少なくなります。アイスクリームは製造段階で空気を含んだ状態で凍るため空気が多く、ソフトクリームとジェラートはその後空気が抜けていくので、しっとり、ジェラートの場合はねっとりとした食感になります。

乳脂肪分については製品・フレイバーによって違うので一概に比較することができません。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク