ワインボトルのサイズが日本と海外で違う理由

スポンサーリンク

先日、何かの時に家で「日本と海外のワインボトルのサイズが違う」という話になりました。

皆さんは日本と海外でワインボトルの大きさが違うって知ってましたか?
自分たちはその話になるまで日本とニュージーランドを含む海外のワインボトルの大きさが違うなんて気が付いてもいませんでした。

ニュージーランドなど海外のワインボトルは750mlが一般的です。
ところが日本は微妙に少ない720mlなんです。この30mlの差はいったい何なんでしょうか?

今日はそんなワイン業界なら常識かもしれない、でも一般の人にはちょっと「へー」なお話しです。

30mlの差はいったいどこから来るんだろう

冒頭で紹介したとおり日本で製造されているワインの大半は720ml、海外で製造されているワインの大半が750mlのボトルに入っています。この微妙な差ってどうして生まれてきたのでしょう?

気になってちょっと調べてみたところ、なるほどねーということがわかりました。
答えをそのまま書いてしまっても、アレなので3択にしてみました。

  1. 昔の日本式の量り方で720mlが都合良かった
  2. 酒税法の関係で750mlより720mlで売る方が都合が良かった
  3. ボトルの重さとワインの重さを足すとちょうど1キロになってわかりやすいから

さてどれが答えだと思いますか?写真のあとから答えを書いていきますので、少し考えてから読み進めてくださいね。

Church Road

スポンサーリンク

ワインボトルが720mlの理由は

どれが答えだと思いますか?

まず3番。
ボトルの重さは均一ではなくすごく軽い物で300グラムほど、重たい物だと900グラムもあるので、全部で1キロというのはちょっと現実的じゃありませんね。

そして次の酒税の関係で720mlにしたほうが都合が良いというのは一見それっぽいんですけど、これも不正解です。

正解は1番の「昔の日本式の量り方で720mlが都合良かった」なんです。

Sake Overflow - Sosogi Koboshi

720mlというのは日本酒でいう約4合にあたります。
ワインが日本に紹介されたとき、750mlのボトルを新たに作るより日本酒でもともと作られていた4合(720ml)のボトルを使った方がコストを抑えられると考えて、日本では720mlのワインが一般化したそうです。

ちなみに昔は4合以外にも一升瓶に入ったワインも一般的に売られていましたが、定着せず現在は一部のワイナリーのみで販売されているそうです。

ところでどうしてワインが750mlになったのでしょうか。
諸説あるみたいで、それぞれが似た話なのに微妙に話が違っていました。なので、ここでは掘り下げずにザックリした理由だけ紹介します。

ワインのボトル1本750mlは約1/5ガロンになります。そして1つの樽(1バレル)から約30ガロンのワインが取れることから「ワインの樽からボトルに分けていくときに都合が良かった」そうです。だいたい1つの樽で300本のワインが取れるという計算になりますね。

そういえばペットボトルのサイズも違います

「そういえば」なんですけど、ニュージーランドではコーラとかのベットボトルが500mlではなくて600mlです。
その次は日本と同じ1.5Lで、さらに大きいサイズの2.25Lなんていうのもあります。

スーパーマーケットに行くと日本とは違うサイズのものが売られていたりして、歩いているだけでいまだに楽しいです。

海外に行ったらスーパーとかコンビニとかに入ってみるとその国の食文化とかも見えてきて楽しいですね。

ぜひニュージーランドに来たときはスーパーに立ち寄って見てください。あとせっかくなのでお土産もスーパーで買った方がお土産物屋よりも割安ですむのでオススメですよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS