飛行機の機内を12倍快適にする方法とグッズ

毎回長時間の飛行機に乗るとき、何を機内に持っていこうか迷います。

というのは、自分は極度の退屈嫌い。
常に何かしていたんです。機内に待ち時間、機内に乗ってテレビを見れるまでの時間。テレビが思ったほど楽しくなかったときなどなど、何かをして時間を潰していないと落ち着きません。
よくボーッとしていると言われますが、ホントはボーッとするのって苦手です。

今回の一時帰国も「機内に何を持っていくか」も今からもう考えています。
併せて、「何を持っていくと機内で快適に過ごせるか」を今回は考えています。約11時間のフライト。その11時間をいかに快適に過ごせるかが、飛行機を降りたあとグッタリするのか元気に動けるのかを左右するからです。

今回の話はいろんなサイトから集めた「機内を快適に過ごす術」のまとめみたいなものです。

飛行機乗り疲れや体調管理のワザ

普段の生活に置き換えたらわかることなんですけど、同じイスにトイレに行く時間以外座ってなければいけなかったら、相当疲れちゃいます。気持ちも滅入ります。でも、飛行機の中では10時間同じ席、同じ景色の中にずっといなければいけません。

そこで、まずは閉ざされた空間、狭い行動範囲の中で快適に過ごすためのワザを紹介します。

適度に体を動かそう

機内にいると10時間以上座りっぱなしになってしまいます。
そうするとエコノミー症候群という血栓症になったり、精神的にも鬱々としてきたりあまり良いことはありません。なので適度に体を動かして、気持ちも体もリフレッシュしましょう。

だからと言って歩き回ると、邪魔になったり不審者扱いされるので

  • 座った状態で、足の指をグーパーする
  • つま先立ちしたり、かかとを付けてつま先を浮かす(座ったままでもOK)
  • 足首を回す
  • ふくらはぎをマッサージする
  • 定期的にトイレに行って、上で書いた動きや屈伸をする

などをするとだいぶ違います。

ちなみに2時間おきくらいに席を立って動くと良いらしいです。

アルコールやカフェインは飲み過ぎないようにしよう

アルコールやカフェインの取りすぎはエコノミー症候群に繋がりやすいので、控えましょう。
特に機内は地上の2-3倍回りやすいと言われているので、飲み過ぎて具合が悪くなる可能性が高いです。

適度に水分を取りましょう

機内は冬みたいにすごく乾燥しています。湿度は10%台前半なんてことも十分あります。
そうすると風邪ももらいやすいし、体から水分が抜けやすくエコノミー症候群にもなりやすくなります。

なので、アルコールやカフェイン以外で十分な水分補給をしておきましょう。

ゆったりした服を着てリラックス

スーツなんて着てたら、体は休まりません。大きめでくつろぎやすい服を着たり、靴を脱いで機内ではスリッパやサンダルなどを履きましょう。ちなみに機内は冷えるので厚手の靴下を履く方が良いみたいです。また暖かめの服を用意しておきましょう。

機内に持ち込むグッズが明暗を分ける!

快眠グッズを持ち込もう

トラベルピロー(携帯用枕)アイマスク、耳栓があると眠りの質を上げて、疲れにくい快適な旅を送ることが出来ます。

時間つぶしグッズを用意しよう

人によってまちまちですが、個人的にオススメするのは以下のアイテムたちです

  • ニンテンドーDS3DSPSPPS VITAなどのゲーム機
  • iPhoneなどスマートフォン(これもゲームが主かも…)
  • 小説など本
  • 旅行の時はガイドブック
    ガイドブックを熟読して、準備万端で挑むのは飛行機の中が一番。

パソコンは壊れたら困るし機内に持ち込むんですけど、ほとんど開いたことがありません。
隣の人から画面は丸見えだし、機内の照明が消えたあとパソコンを開くと画面が明るすぎて、周りに迷惑をかけたりしそうなので。

機内を快適にするためのグッズ

ずっと座りっぱなしの機内。座席に座っているときいかに快適でいられるかはすごく重要なことです。
そこでこんな快適グッズがあると便利です。

  • 乾燥から身を守るグッズたち
    目薬、ハンドクリーム、マスクなど
  • 歯磨きセット
    「あると便利」というより、「ないと不快」なアイテム
  • ノイズキャンセルヘッドフォン
    機内で貸してくれるヘッドフォンとは天と地ほど違います。飛行機のゴーーーと言う音が抑えられるので映画などを見るのに最適です。もちろん音も全然違います

個人的にはノイズキャンセルヘッドフォンは特にオススメします。

あれこれ書きましたが

人によっては「そんなの気にせず寝てたらいいだけじゃん」という人もいます。
たしかに夜寝るときは、10時間同じベッドで同じ景色で寝てるわけですからね。なので、これらの話は寝ていたい人にはまったく関係がないことです。

でも、どうせいる機内なんだし楽しんだり、快適でいられる方法があるはず!と思って調べてみました。
これらの情報が少しでも参考になればと思います。
ほかにも「こんなグッズがあると便利だよ」などありましたら、教えてもらえると嬉しいです。

ちなみにタイトルの「12倍」というのに深い意味はありません(笑

The following two tabs change content below.
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主催しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のFacebookには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。

投稿日:2012年1月29日 最終更新:2012年1月29日

ご意見・ご感想お待ちしています

今回の記事はいかがでしたか?
「面白かったよ!」とか「ちょっと難しかったかな」など一言だけでもコメント、もしくはFacebookの"いいね"などいただけると日々の更新の励みになります!

この記事と似た記事を探す

各記事にはキーワードが付けられています。そのキーワードだけで絞り込むと似た記事を探すことができます

この記事のキーワード: