Dollarはどうして日本語で「ドル」なの?

英語のDollarのことを日本語だと「ドル」といいます。
でも、英語をそのままカタカナにするなら「ダラー」になっていそうなのに、なんで「ドル」と言うのでしょう。

なんだったら「1 dollar」より「2 dollars」「3 dollars」と「s」が付くことが多いから、「ダラーズ」が「Dollar」の日本語になっていてもおかしくありません。

不思議じゃありませんか?

似た話だと、ビール。
なんで「ビアー」とか「ビア」ってならなかったのでしょう。

そんな、どーーーでも良いことなんですけど、調べていったら面白いことがわかったので記事にしてみました。

答えは「ドルラル」が握っていたんです。まずはそんな「ドルラル」からアレコレ書いてみます。


ドルラルって何でしょう?ドルラル伯爵。ドルラるって言う動詞?

まず、ドルラルの秘密を解く前に、一見支離滅裂かもしれませんがお医者さんの話をします。

お医者さんのことを日本語で「ドクター」っていうことありますよね。
ドクター・ドリトルとかドクター・コトーとか。ドクター中松とか。

あとドクターよりはマイナーかもしれないけど、ドクトルという言い方もありますよね。

このドクターとドクトル。
ドクターDoctorは英語です。そしてドクトルDoktorはオランダ語です。
つまり言葉が違うことでドクターと呼ばれたり、ドクトルと呼ばれたりするわけですね。

さてここで方っておかれたドルラルの登場です。

Dollarはオランダ語だと「ドルラル」と読むそうです。

時は遡ること江戸時代。
日本はアメリカとかイギリスといった英語圏より、オランダの文化を積極的に学んでいました。時代劇とかで蘭学という言葉が出てきますが、蘭学の蘭はオランダを漢字にした阿蘭陀から来たものです。

当時、アメリカの通貨Dollarは江戸時代から明治時代までオランダ語をベースにした「1ドルラル」「2ドルラル」と呼ばれていました。
それがいつからか短くなって「ドル」になりました。

ビールも同じく英語だとBeerだけど、これがオランダ読みだと「ビール」になります。

他にも調べていくと、実は英語から来た言葉だと思っていた言葉が、実はオランダ語だけじゃなく、フランス語・ロシア語など英語じゃない言葉が語源だというものが山ほど出てきます。

紐解いていくと面白い

こうやって1つ1つ紐解いていくと結構面白いかもしれませんね。

ちなみに、イクラって日本語じゃないらしいですよ。

イクラの語源は…。自分で調べてみましょう!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS