疑問:帰国子女って何で「女」なんでしょう?

スポンサーリンク

昔から疑問に思っていたことがありました。
もし生まれてくる子どもが日本で生活することになると「帰国子女」と呼ばれることになります。

でもこの「帰国子女」なんで「女」なんでしょうか。「帰国子男」という言葉は聞いたことがありません。

中には「帰国子女」という言葉は男女差別であるとか、適切な言葉ではないから「帰国生」とか「帰国学生」と呼ぶべきであるなんて言う意見もあるそうです。では、もともと帰国子女という言葉にはどんな意味があるのでしょうか。

今日はそんなお話しです。

帰国子女ってどういう意味だろう

もともと帰国子女ってどういう人たちのことを言うのでしょう。
例えば、生まれて12才まで日本で育って、それから1年だけ海外で生活した子どもは帰国子女と呼ぶのでしょうか。

Mount Maunganui, New Zealand
© Abaconda Management

いろいろ調べていくとキチッとした定義はないようです。
その代わり大まかに「こんな人たちを帰国子女と呼ぶ」というラインは見えてきました。

  • 親の都合で海外で生活をすること。単身で行くと留学になるようです
  • 期間は1年以上を言うことが多い
  • 現地の小中高や大学に行った子どもたち

細かい定義がないので自分たちが勝手に「うちの子は帰国子女」と呼ぶのは自由なんですけど、例えば高校や大学に「帰国子女枠」で入りたい場合は、その学校が設けた基準をクリアする必要があります。

例えば学校によっては「現地の日本人学校に行っていたらダメ」「3年以上の海外生活を送っていなければならない」などあるようです。

スポンサーリンク

早稲田大学の場合、以下のような募集要項になっていました。

【対象者】
日本国外に所在する外国の中等教育機関に最終年を含め2年以上継続して在籍し、外国の中等教育機関を卒業もしくは卒業見込みの日本人等。

引用:2015年度主として外国学生・帰国生を対象とした入試 | 入試制度一覧 | 学部入試情報 | 早稲田大学入学センター

つまり生まれてから14才までニュージーランドにいて、中等教育機関を卒業しないで帰国してしまった子どもは帰国子女枠の入試資格がないということですね。

どうして帰国子女はどうして”子女”なんだろう

さて今回の本題の「帰国子女はどうして”子女”なんだろう」なんですけど、ちょっとした3択を作ってみました。
まずはそれらを見て、自分なりに「あ、これだな」というものを考えてみてください。

  1. 姉妹都市(Sister City)に性別がないように帰国子女にも性別がない
  2. 「子女」で「男女」という意味を持っている。
  3. 実はカステラやコンペイトウと同じでポルトガルから来た外来語の当て字

Tauranga Seaside
© Abaconda Management

これは簡単すぎますね。答えは2番です。
もともと「子女」の「子」は「息子」、「女」は「娘」なので、帰国子女は「帰国した息子や娘」という意味なんですね。

最近はあまり言わないのかも知れませんけど「良家の子女」という言葉がありますけど、これも良家の娘という意味ではなくて「良家の息子や娘」つまり「お坊ちゃん、お嬢ちゃん」を指す言葉なんですね。

「子」という字はもともと男女問わずに使われる漢字でした。
なので有名なのは「小野妹子」や「蘇我馬子」が男性だったりするわけです。それが明治時代以降「子は女の子に付けるもの」と変わったようです。

帰国子女は男女差別の言葉ではありません

つまり「帰国子女」という言葉自体、男女差別ではまったくないんですね。
また、子女が「息子・娘」という意味なので「帰国子男」という言葉も生まれてこないわけです。何となく字面的には「草食男子」「スイーツ男子」の仲間みたいですね。「帰国男子」ちょっと日本人離れした感性を持った男の子のことをそう呼んでみませんか?

今日はちょっと気になった言葉を調べてみました。
もし周りに「帰国子女ってなんで女なんだろう」と言ってる人がいたら、ドヤ顔で「それはね」と教えてあげてくださいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS