ニュージーランドで一番”晴れの街”はどこ?

ニュージーランドの夏と言えばとにかく長いです。
夏至の日だと日の出から日の入りまでの時間がなんと15時間もあるほど日が長いんです。

つまり1日のうち日が沈んでいるのは、たったの9時間!

そんなニュージーランドの中でも天候に恵まれて、一番の”晴れの街”はどこだったのでしょうか?

今日はそんなお話しです。

どの街がよく晴れるかランキング

ここ数年、「晴れの時間が1年間で何時間あったのか」を調べて「The sunniest place in New Zealand」というのを決めています。

晴れの時間が何時間だったか計測するためにニュージーランドで気象の観測を行っているNIWA(National Institute of Water and Atmospheric)のデータを使いました。

ちなみに個人的なイメージだとネルソン(Nelson)はSunny Cityと呼ばれるほどだし、もともとこの記事を読むまでNelsonが一番晴れの時間が多いのかと思っていました。

「思っていました」という書き方からもわかるとおりNelsonは1位ではなかったんですね。

ちなみに1年間365日は時間数にすると8,760時間です。
日が長い日は1日に15時間も太陽は出ていますが、逆に冬至の頃は9時間ほどしかお日様は外に出ていません。

そこで単純に計算して1日12時間だけ日が出ているとしたら、毎日晴れ続けても4380時間しか晴れの日はありません。

急に何ややこしいこと言い出したんだ?って思われるかもしれませんが、このあと1位から5位までの村の「晴れの日の時間」が出てくるので、それぞれの街がどのくらい晴れているかわかってもらうためにコチャコチャと書きました。

では、ランキング発表したいと思います。

晴れの街2013 5位

まず5位は先日紹介したクラフトビールの首都として名乗り出ている街です。

P1030242-2014-01-21-18-16-23

そうですね。上でも紹介したNelsonです。

晴れの時間は2411時間。つまり1年間で55.0%、半分以上の日が晴れているんですね。これだって大したものです。

晴れの街2013 4位

晴れが多いと嬉しいのは昼間だけじゃありません。星空にも大きく影響してきます。

P1030795-2014-01-21-18-19-50

ここまで書けばけっこうわかる方多いですね。4位はLake Tekapoでした。
晴れの時間は2482時間。56.7%です。星空を観測するのに適している理由がわかりますね。

晴れの街2013 3位

晴れと言えば太陽。
世界中で一番最初に初日の出を拝める場所と言えばどこでしょう?そこが3位です。

skitched-20140121-184432
© Patrick.S.

けっこう行ったことある方多いんじゃないでしょうか。
Gisborneが3位でした。Lake Tekapoとわずか1時間の僅差、2483時間でのベスト3ランクインです。

晴れの街2013 2位

3位まで紹介してどうですか?自分が思ってる「晴れの街」は出てきましたか?

2位の街は個人的にはまったく「晴れ」のイメージがありませんでした。
有名なものとしては「ニュージーランドの富士山Taranakiが見える街と言えばわかる人も多いんじゃないでしょうか。

skitched-20140121-185007
© Dan

そうです。New Plymouthです。

しかも3位までは2400時間台だったのが一気に差を付けて2668時間です。
1年のうち60.9%が晴れていました。それってすごいですよね。1週間いたら4日は晴れているんです。旅行者にとってこんな有りがたいことはありません。

そして最後、気になる1位を発表します。

晴れの街2013 1位

晴れの街1位はすごいです。
3-5位が2400時間台の晴れ。それを余裕で抜いたもうすぐ2700時間になろうとしていた2位のNew Plymouthにさらに余裕で差を付けた2792時間、ほぼ2800時間を記録しました。

それは、個人的には大好きなビーチが近くある街だったので「うおっ!」と嬉しい声を上げてしまいました。

P1010428-2-2014-01-21-18-01-31
そのお気に入りのビーチがここです。この海岸線、向こうに見える島を見てピンと来た人は通ですね。

言われてみるとワーホリ時代、ここは必ず晴れてました。雨知らずでした。

さてどこだと思いますか?

答えはWhakataneです。

旅行者にとってはマイナーな街かもしれませんね。
Whakataneは温泉の街Rotoruaから車で1時間15分ほど東に行ったところにある人口35,000人ほどの小さな街です。

マリンスポーツとか釣り、ドルフィンウォッチングなどがけっこう有名だったりします。

同じ旅行・住むなら晴れが絶対に良い

では逆に晴れが一番少なかった場所はどこ?って思いますよね。
一番晴れが少なかったのはMt Cookで1562時間でした。つまりWhakataneの半分くらいしか晴れ間がなかったということです。

Mt Cookはすぐ近くに4位のLake Tekapoがあるので、あの辺りの気象の変化が相当激しいことがわかると思います。

とりあえず旅行するにしても住むにしても晴れ間が多いのは本当に良いことですね。

個人的には仕事で住む場所をあまり選ばないのであれば、晴れが多いWhakataneや富士山そっくりな山が見えるNew Plymouthは住んでみたい街として急上昇してきました。

今後旅行される方はちょっとルートを考えてWhakataneでマリンスポーツを楽しむのもいいかもしれませんね!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS