New York Times「2014年行くべき場所52選」でChristchurchが2位!

先日、アメリカで3番目の発行部数を誇るニューヨークタイムズで「52 Places to Go in 2014 2014年に行くべき52の場所」という記事が発表されました。

そしてその世界中から選ばれた52の場所の中に、Christchurchが「2番目に行くべき場所」として選ばれたそうです!

今回はそんなランキングの上位10カ所と、日本人なら気になる「日本は選ばれたのか?」として、Christchurchが選ばれた理由を紹介して行きたいと思います。

まず気になる10位の発表

まず最初にトップ10を発表したいと思います。

01位:ケープタウン, 南アフリカ
02位:クライストチャーチ, ニュージーランド
03位:カリフォルニアの北海岸
04位:アルバニアの海岸線
05位:ロサンゼルスの下町
06位:ナミビア
07位:エクアドル
08位:クアンビン省, ベトナム
09位:パース, オーストラリア
10位:ロッテルダム, オランダ

1位のケープタウンが挙げられたのは、前日亡くなったネルソン マンデラ氏が1964年から1982年の27年間投獄されたケープタウンにあるロベン島の刑務所があるなど、ネルソン マンデラ氏にちなんでいるからのようです。

彼はスピーチの中で

We often looked across Table Bay at the magnificent silhouette of the Table Mountain. To us on Robben Island, Table Mountain was a beacon of hope.
私たちはテーブル湾の向こう側に見える壮大なテーブル山のシルエットをよく見ていました。ロベン島にいる私たちにとって、テーブル山は希望の灯台でした。

と述べています。

skitched-20140114-133947
© Krug6
これがロベン島から見るテーブル山の景色です。もちろん刑務所からではありません。

日本で選ばれた場所は2カ所

日本で選ばれた場所ももちろんありました。
しかもこの広い世界で日本はなんと2カ所も選ばれたんです!すごいですね!

その2カ所とは「石垣島」と「野沢温泉」でした。

IMG_3719-2-2014-01-14-13-11-27

18位:石垣島
せかせかした東京からはるか遠く、大半がまだ未開の地であり、日焼けしたサーファーや、砂浜、キレイな珊瑚礁のホームである石垣島に2013年3月新しい空港がオープンしたり、日本発の格安航空会社(LCC)ピーチ航空が大阪からも飛び始めて、一気に近くなったことが選ばれた理由のようです。

41位:野沢温泉
良質のパウダースノーと、長いスロープ、そして伝統的な日本旅館、さらに歴史のあるそば屋や温泉などスキー好きの外国人にとって日本文化を楽しみつつ、スキーも楽しめる野沢温泉は外国人にとって今、非常に注目されているようです。

Christchurchが2位に選ばれた理由

2011年、2012年と巨大な地震を2度も経験したChristchurchが今、国はもちろん、Christchruchの自治体、住民の総力を挙げて生まれ変わろうとしています。

DSC_8352-2014-01-14-13-12-47

空き地になった街の中心地をアートなど面白いアイディアで活用したり、日本人の建築家 坂茂(ばんしげる)氏が設計した仮設の大聖堂など、観光客はもちろんChristchurchから離れてしまった人たちや、新しくChristchurchに住もうとする人たちを呼び込む動きが非常に高く評価されました。

日刊ニュージーランドライフが思うこと

先日紹介した記事「手に汗握る!Christchurchでプロペラ飛行機の飛行体験 」でも書いたとおり、未だにChristchurchは以前と比べて観光客を惹きつける大きな力は元のような状態には戻っていません。

でも、Christchurchの企業や市民が全力で生まれ変われるように、生き返るように知恵を絞りながら、総力を挙げていく姿は一見の価値があると思います。

DSC_7265-2014-01-14-13-13-32

昨日も急きょ用事があってChristchurchに日帰りで行ってきたんですけど、最近毎回街の復興に驚いています。
今まで荒れ地だったところで、ビルの建設が始まっていたり、建設中のビルだったところで、お店がオープンしたりしています。

とにかく日々の成長がすごいです。

その復興途中を「ボロい」と受け止めるのか、それともある種、「ゴールドラッシュの街のような活気溢れる状態」と取るのかは次第で、Christchurchの街の面白さはまったく違うものに見えてくるんだと思います。

ぜひニュージーランドに訪れる際は、レンタカーを借りてChristchurchの街中を走ったり、今はまだ点在した状態になっているさまざまなアイディア溢れる新名所たちを訪れてみてください。

ちなみに車がないと今はまだChristchurchを満喫するのは難しいかもしれません。いろいろ点在しすぎているので。

その他「ニューヨークタイムズが選ぶ2013年行くべき所52選」を見たい方は52 Places to Go in 2014 – NYTimes.comをどうぞ。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS