懐かしい!Christchurchをジオラマ風に撮ったムービー

今日紹介する動画はChristchurchに来たことがある方なら絶対最後まで楽しめます!と自信を持って紹介できます。

動画が公開されたのはChristchurchで起こった地震の前です。
Christchurchの街の映像で4分半あるんですけど、最後まで楽しく、しかもシーンが変わる度に「懐かしい」とか「可愛い」とかいちいち声に出してしまうほど良くできた映像です。
映像と一緒に流れている音楽もまた、その映像の楽しさを膨らませています。

もうアレコレ書くの止めましょう。
とにかく映像を楽しんでください。

より映像を楽しむために

毎度のことですが、映像を楽しむために以下の設定をしてからご覧ください。

skitched-20131221-143156

まずインターネットが早かったり、ダウンロードの容量に制限がない方はぜひ高画質の動画を見ることをオススメします。臨場感が全然違いますので。
高画質かどうかを確認するには動画の画面にある「HD」が青ならすでに高画質です。グレーなら高画質ではありませんので、高画質で見たい場合はHDをクリックしてください。

それと大きな画面で見た方がこの動画楽しいです。
一番良いのは高画質の全画面表示です。画面右下にある全画面表示するボタンをクリックして大きくしてご覧ください。

それでは、さっそく3年前の懐かしいChristchurchを見てみましょう!

Christchurch-Timelapse from Lukas Kaupenjohann on Vimeo.

どうでしたか?
今は残念ながら無くなってしまった建物たちが、まるでジオラマみたいに表現されていて、本物の動画を見ているような、でもどこかオモチャの街を見ているような不思議な気持ちにさせてくれます。

この動画は以前も日刊ニュージーランドライフで紹介したことがあるタイムラプスという手法を使って動画が作られています。
簡単に言うと写真を連写で撮って、パラパラ漫画のように繋げていくんです。

この作品は全部で1万枚もの写真が撮られ、有名なホテルなどにも部屋を使わせてもらったりしながら撮影に2週間、編集作業に1ヶ月も充てて作られました。

ちょっとしんみり、でもホッコリな動画

あの可愛い街並みが地震によって壊されてしまったかと思うと、どこかしんみりした気持ちになります。

ああやって大聖堂の前を観光客が歩く姿を見れるのは、当面ないわけですからね。

でも、あの上手に使われている音楽とどこかコミカルな動きをする動画を見ていると、気持ちが温かくなる、そんな気もしてきます。

いつか自分でこういう映像を作れるようになったら、復興したChristchurchの街で同じように動画を撮ってみたいと思います。
それまでに技術を身につけておくようがんばります。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS