本永住権になりました!これからのこと

スポンサーリンク

今日は別の話を書こうと思ったんですけど、急きょ話を変えることにしました。

というのは、やっと、やーーっと本永住権が取れたからです!

今日は「え?永住権持ってたんじゃないの?」「本永住権って何?」という方のためのちょっとした説明と、永住権取得までに思ったこと、日刊ニュージーランドライフのこれからみたいなことを書いていきたいと思います。

本永住権って何のこと?

ニュージーランドの永住権には2段階あるんです。
まず最初の段階は日本語だと仮永住権なんて言われ方をしている永住権です。

この永住権は2年間で発行されます。
そしてその2年のあいだで一定期間(半分だったと思います)ニュージーランドに滞在していないといけません。それとその仮永住権が降りたちょうど2年後の日、例えば2011年12月14日に永住権が降りていたら2013年の12月14日にニュージーランドにいなければいけません。

passport-old
これがその仮永住権の永住権シールです。
注意書きのところに「仮永住権のまま海外に出て、ビザが切れたら(永住権所持者としては)戻って来れないよ」ということが書かれています。

なので「一定期間いないとダメ」という条件を満たすためには、永住権取れてもこの期間はニュージーランドにある程度いないといけません。
またほぼ2年間ニュージーランドにいたのに、一時帰国で帰ってくる飛行機が遅れて「発行された日からちょうど2年目の日」にニュージーランドに戻って来れなければ、例え1年と360日ニュージーランドにいてもアウトなんですね。

そして2年経つと本永住権の申請ができます。
基本的に必要フォームに記入して、移民局の事務所に行くとすぐに発効してくれるんですけど、うちから最寄りの移民局Christchurch支店はその場で発効してくれませんでした。

「書類とパスポートを封筒に入れて備え付けのポストに入れておいて」と言われました。

スポンサーリンク

そのときは「1週間で送るから」と言われていたのに待つこと3週間。いっこうに返ってきませんでした。
さすがニュージーランド仕事。ドキドキさせてくれます。

そして遂にパスポートが手元に返ってきました!

passport-new
これが本永住権のシールです。
上のビザとデザインが違うのはビザが本永住権になったからではなく、ワークの人たちもビザのシールのデザインが変わったようです。(見たわけではないので不確かです)

ワーホリの時に「ニュージーランドに移住したい」と思ってから8年。
これでやっとニュージーランドで今後生活していく上で心配材料になるビザの問題が解決されてました。

本当に本当に胸のつっかえみたいなものが取れたようでホッとしています。

やっとスタート地点に立てた気分

2年前に仮の永住権が取れてからも、ずっと心のどこかで「まだ仮だから」とか「何か起こって本永住権が取れなくなるかもしれない」という気持ちがありました。

その気持ちが何か新しいことを始める気持ちにブレーキをかけていました。
でも、今回それが解消され、さらには1月末にはニュージーランドの首都Wellingtonへ引っ越すことも決まり、さらには花粉症でボーッとしていた頭も花粉症が治まってスッキリしてきたので(これすごく重要です)そろそろ本格的に「次の日刊ニュージーランドライフの動き」に移ります。

その動きについては話をもう少し温めてから改めてこの場を借りて紹介したいと思います。

それと昨日まで行っていたWellington下見旅行の様子は日々の生活や思ったことを書いている「うらがわ日刊ニュージーライフ」で紹介しますので、興味がある方はそちらもご覧ください。

これからもよろしくお願いします

本永住権が取れたのは、それをサポートしてくれた会社や一緒に働くスタッフはもちろん、いろいろな形で出会うことができた多くの方のおかげだときれいごとではなくて、本心から思っています。

ありがとうございました。

これからもがんばっていきますので、よろしくお願いします。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS