村ごと売ります!ニュージーランドで村長になりませんか?

スポンサーリンク

一国一城の主(あるじ)になりたい!と野望を抱いている人ってけっこういますよね。

そんな方には朗報かもしれません。
ニュージーランドの南島にある人口たった40人の村が先日から売りに出ているそうです。
この村を買えば、まさかのまさかニュージーランドの村を丸ごと所有できてしまうんです。

飲食店など中小企業がよく売りに出るのはあることですが、さすがニュージーランド「村全体」を売りに出してしまうんです!

ちょっと興味深いニュースじゃないですか?
しかも、値段は言うほどそんなに高くありません。

なんで売りに出ているのか、そして気になるお値段などちょっと変わった売り物について紹介して行きたいと思います。

村丸ごと売りに出ている

Otiraと言う村が今回売りに出ている村の名前です。
言われてすぐにピンと来る人もいるのではないでしょうか。

そうなんです。
このOtiraという村は3年前の2010年にも一度売りに出たことがあり、ニュージーランドのテレビはもちろん各国で「ニュージーランドで村ごと売りに出ている」と言われてインターネットなどで話題になったことがありました。

結局、その当時買い手が付かず、3年経った今年再び売りに出されたんです。

そんなOtiraが今ではTrade Meにも載っています。

スポンサーリンク

skitched-20131130-163531
OTIRA VILLAGE | Trade Me Property

Otiraを買ったら付いてくるもの

Otiraという村はアーサーズ・パス国立公園(Arthur’s pass National Park)の中にある人口たった40人の本当に小さな村です。
つまり国立公園のなかに住むことができてしまうんですね。それってすごいことだと思いませんか?

場所はGoogle Mapsで見るとココです。

View Larger Map

この村には18件の家と、市民ホール、そしてホテル兼パブや消防署があります。
ホテル自体はまだ馬車で移動していた1860年代に建てられたある意味歴史ある建物なんです。

それらすべての権利を手にすることができます。

skitched-20131130-163732
彼らが今のOtiraのオーナーです。 © Stuff.co.nz

もともと今のOtiraの所有者BillとChristine Hennahがこの村を買ったのは1998年でした。
彼らはそれまでAucklandに住んでいたんですけど、この村が気に入りホテルだけを80万ドル(6,400万円)で購入したつもりでした。
ところが実際はホテルを含めた村全体の所有権を買っていたそうです。

それから12年経った2010年、彼らは60代になって体力の衰えを感じたため100万ドル(8,000万円)で売りに出しました。
当時世界中で話題になり、各国の新聞社やニュース番組のインタビューアーが電話をかけてきて、回線がパンクするほどだったそうです。
ところが話題性だけが先行して結局は売れませんでした。

その後も再び2人で村の維持を勤めていたのですが、昨年Billが心臓発作で倒れたり災害があったりで、再び村を売り出すことにしました。

今回の売り値と村を買ったらできること

今回は100万ドルでは売れないとわかったのか、お値段はなんと75万ドル、日本円にして6,000万円です。

「村丸ごとを6,000万円で買える」と文字だけを見れば安いですよね。
しかも、国立公園の中心に位置して、自分のための市民ホールや消防署、さらに家だって18棟もあるんです。

Googleのストリートビューでも村の様子が見れます。

View Larger Map

彼女たち曰く

自分たちはもう年です。
でも、村にあるホテルで収益を上げるも良し、ホテルを改装してパブにしたり、個人の家として住むこともできる。もし誰かアイディアと元気・情熱に溢れる人なら、ここは様々なチャンスがあるすごくいいところだ

とのことです。

でも実際はアイディアと溢れる情熱、それと「お金」が必要になると思います。

というのは村の実情はグズグズだからです。
建物は築何十年も経っていてすべて古く、大幅な改装、もしくは一度更地にして新しく立て直す必要が必要だとBillとChristineは語っています。しかも、過去に再開発をしようと国に補助を求めましたが断られたそうです。

でも、考え方によっては「村の所有権と土地を6,000万円で買った」と思って、上物(うわもの)の建物などは建て直す気でいれば、6,000万円+1-2億円くらいでけっこう面白いビジネスをここで展開できるかもしれません。
合意さえ得られれば、村の名前を自分の名前にすることだって可能でしょうし。

そんな機会ってそうそうないようにも思えます。

日本人で誰かそういうビジネスに意欲的な方いませんかね。
年末ジャンボとか1年に何人も3億円もらっている人がいるはずなんです。そんな当選者が買ってくれたら楽しいのにって思ってしまったりします。

せっかくだし日本人が買って、ニュージーランドで名前を轟かせて欲しいものですね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS