日本でもニュージーランドを感じる?NZが舞台の映画たち

急に、まだワークビザでニュージーランドに戻ってくる前のことを思い出しました。

その日、近所のTSUTAYAをウロウロしていたら「ラストサムライ」を見かけました。
ラストサムライにはワーホリ時代すごくお世話になった方やその娘さんたちが出ていて、思わず懐かしくなって借りてみました。そのあと家に帰ってラストサムライを見たあと、すごい「ニュージーランドに戻りたい!」病にかかったんです。

映画のシーンと言うより、その当時お世話になった人たちを思い出して、その人たちを思い出すと芋ずる式にいろいろ思い出されるんですね。

そこで今回は日本に居ながらにしてニュージーランドの雰囲気を味わえるニュージーランドが撮影地の映画をいくつか紹介したいと思います。

見たことがある映画

まずは見たことがある映画から紹介します。

世界最速のインディアン 原題:The World’s Fastest Indian
もうこれは会う人会う人にオススメしている★★★★★の映画です。


世界最速のインディアン | Amazon.co.jp

Invercargillに住むおじいちゃんが世界最速の男を目指してアメリカに行く話。

アンソニー・ホプキンスがベッタベタのニュージーランド訛りでKiwiを演じます。ニュージーランドの街並みを楽しむのはもちろん、「ニュージーランド人らしさ」がスゴく良い感じに出ていて、男性も女性もニュージーランド好きなら、絶対に見て欲しいです。

クジラの島の少女 原題:Whale Rider

クジラの島の少女 | Amazon.co.jp

マオリの一族に産まれた女の子の話です。
街並みとか雰囲気がAucklandより北のマオリが多いところで、バスを家の代わりにしたり、マオリの集会場が出てきたり、ニュージーランドと言うより「マオリ」全開の映画です。

マオリの考え方とか習慣なども知ることができるので、そういったところがすごく興味深いです。

ハッピーエンドではないので、ハッピーエンドじゃなくても良い人にはぜひオススメです。
個人的にはハッピーエンドじゃないと凹んでイヤなので、何回も見ることはない映画かな?という感じでした。

見たことがない映画

見たことがない映画なので、どのくらいニュージーなのかは予告編とか、Wikipediaなどをみた限りしかわかりません。それでも撮影地はニュージーランドの映画です。

ピアノ・レッスン 原題:The Piano
ピアノレッスンは勧めてくれる人すごく多い、いわゆる「名作」らしいですね。
なぜか機会がなく今まで見たことありません。今度借りて見てみたいと思います。


ピアノ・レッスン | Amazon.co.jp

19世紀のニュージーランドを舞台にした映画。
スコットランドから移民してきた女性とその娘、そして現地の男の男性が1台のピアノを通して触れあっていく作品。
アカデミー賞の主演女優賞や助演女優賞、脚本賞、さらに世界中のさまざまな映画祭でも賞を総ナメにした名作と言われています。

ブラックシープ 原題:Black Sheep
そして最後に紹介するのは4千万匹の羊たちが襲ってくるB級ホラーです。


Black Sheep | Amazon.co.jp

遺伝子操作された羊が凶暴化し、人間に襲いかかり、その襲われた人は羊人間になるという何ともB級感満点な映画です。でも、CG制作はロード・オブ・ザ・リングやナルニア国物語を作ったWeta Workshopです。

ピアノ・レッスンを見ることはあっても、これはパスです。

他にも良い作品知りませんか?

ここではロード・オブ・ザ・リングや、ラストサムライ、キングコングと言ったニュージーランドで撮影・制作されているけど、「ニュージーランド」ではない映画は紹介していません。

でも、ニュージーランドを舞台にした映画で日本でも観られる映画って他にもあると思うんです。

もし知っているのがあれば、教えてもらえると嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS