世界各国の男女格差が発表に。日本とNZは何位?

スポンサーリンク

世界各国の男女格差が発表に。日本とNZは何位?

世界男女格差指数(Gender Gap Index)というレポートを知っていますか?
世界経済フォーラムが2006年より行っている調査で、世界各国の男女間の格差をランキング化したものです。

その調査の最新版2013年度版が発表になったので、調査内容はもちろん日本とニュージーランドを中心にした各国の男女格差について紹介して行きたいと思います。

世界男女格差指数って何?

まずこの調査がどんなものなのか簡単に紹介したいと思います。

この調査は136カ国の国と地域を対象にしたレポートです。
これは世界の全体の人口の93%をカバーするほど広範囲に渡って行われている調査のようです。

調査内容は主に4つに分けられています。

  1. 経済社会への関与 … 給料、社会への参加、管理職、専門職の男女比
  2. 教育 … 初等・中等・高等教育の男女比
  3. 政治への参加 … 国会議員や官僚などの男女比
  4. 健康 … 出生時と平均寿命の男女比

これらの項目を国際労働機関、国連開発計画、世界保健機関WHOなどから提供されるデータに基づいて数値化するそうです。

gggr1

気になる順位の発表 まずは5位まで

いきなりなんですけど気になるランキングの1位から5位まで発表します。

スポンサーリンク

残念ながらいきなり5位まで書いちゃうわけなので、ニュージーランドも日本もランクインはしていません!

順位 国名 総合点 社会 教育 健康 政治
001 アイスランド 0.8731 022 001 097 001
002 フィンランド 0.8421 019 001 001 002
003 ノルウェー 0.8417 001 001 093 003
004 スウェーデン 0.8129 014 038 069 004
005 フィリピン 0.7832 016 001 001 010

この時点でわかるのは、やっぱり北欧系はこういうランキングで強いですね。

意外だったのはフィリピンが5位だったことです。
もともと男女差別が強くあるとかないとかそういうイメージがなかったので驚きました。

そして次は6位から10位までです。

順位 国名 総合点 社会 教育 健康 政治
006 アイルランド 0.7823 029 034 065 006
007 ニュージーランド 0.7799 015 001 093 012
008 デンマーク 0.7779 025 001 064 011
009 スイス 0.7736 023 066 072 016
010 ニカラグア 0.7715 091 028 055 005

ニュージーランド出てきましたね!7位です。
しかも教育の男女格差がないことで世界一という嬉しい結果です。健康は136の国と地域のなかで93位なのでイマイチと言えばイマイチですね。

そしてまた意外な国が出てきました。ニカラグアの10位です。
1位から5位の総合点の差を見るとわかるんですけど、5位のフィリピンから10位のニカラグアまで僅差のようです。

ここからは日本を含めた気になる国を紹介して行きます。

順位 国名 総合点 社会 教育 健康 政治
013 オランダ 0.7608 026 044 093 022
014 ドイツ 0.7583 046 086 049 015
018 イギリス 0.7440 035 031 092 029
020 カナダ 0.7425 009 001 049 042
023 アメリカ 0.7390 006 001 033 060
024 オーストラリア 0.7390 013 001 069 043
045 フランス 0.7089 067 001 001 045
069 中国 0.6908 062 081 133 059
071 イタリア 0.6885 097 065 072 044
100 カメルーン 0.6560 040 122 112 099

気になる国を書き出していったのですが、結局100位まだ日本は出てきません。ちなみに100位のカメルーンは興味があるわけではなくキリが良いので入れてみました。
136カ国で100位に日本が入らないというのはかなりショックですね。

では引き続きランキングを続けていきたいと思います。日本の前後の順位とワースト3も合わせて書いていきます。

順位 国名 総合点 社会 教育 健康 政治
101 インド 0.6551 124 120 135 009
104 カンボジア 0.6509 077 117 001 096
105 日本 0.6498 104 091 034 118
106 ナイジェリア 0.6469 054 126 122 083
111 韓国 0.6351 118 100 075 086
134 チャド 0.5588 075 135 112 102
135 パキスタン 0.5459 135 129 124 64
136 イエメン 0.5128 132 134 081 131

日本105位。けっこうショックです。
男女格差があるというのは認識していましたが、ここまでヒドいとは驚きです。健康(出生時と平均寿命の男女比)にいたってはなんで34位なのかわかりません。
日本の平均寿命は世界的に高水準のはずですもんね。長く生きる=いい数値になるというわけではないようです。
政治の参加率は確かに日本はほとんど女性議員を見かけないし、職場の男女の進出率もヒドいというのは聞いていましたがこうやって数値化されるとショックを隠せません。

あと日本のすぐ上にいるカンボジア。猫ひろしはその後どうしたんでしょう?

対照的な日本とニュージーランドの結果

ニュージーランドに住んでいる身としては嬉しい結果なんですけど、日本人としてはまったく喜べない、むしろ恥ずべき結果でどんな風に最後をまとめたらいいかわかりません。

ちなみに2012年の結果ですが、各国の数値を色分けした地図があります。
gggr
青・緑・黄緑辺りは比較的差別が少ない国です。これを見ると、どの地域で男女格差があるのか見てわかりますね。

男女格差がないのに越したことはありません。それに男女格差がない国=素晴らしい国というわけでもありません。
ただやはり女性としては「女性として生まれた」というどうにもならないところで、いきなりのハンデがあるのは気持ちが良いものではありませんよね。

自分自身、男、しかも女性が強い職場で働いていたことが多いので、男女格差を強く感じたことはあまりありません。
でもきっとそれは「女性差別がなかった」わけではなくて、「感じていない」だけだったりするんでしょうね。

日本の男女格差が来年以降緩和されていくことを祈ります。

詳しく知りたい方はThe Global Gender Gap Report 2013 | World Economic Forum – The Global Gender Gap Report 2013をどうぞ。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS