クライストチャーチでまた大地震 M5.5とM6

去年の9月と今年の2月に大きな地震が2回起こったクライストチャーチで6月13日1時とその約1時間後に1回ずつ大きな地震が起こってしまった。

今回の地震は前回ほど被害はなく、というか壊れる可能性がある建物は前回の地震ですでに壊れていて、けが人も現在わかっているだけで10名、死者はゼロと幸い被害が少ない。

6月13日20時45分現在でザッとした状況は以下のような感じ。

電気の供給

2万世帯が停電。

電話

繋がりにくい状態で、Textを使った連絡を推奨している。

衛生局から「水は必ず沸騰させてから飲むこと」と指示が出ている。
トイレは使わず、非常用のトイレ(町中に設置されている)を使うか、Chemical Toiletsを使うように言われている。
水の圧力が下がっているので節水をすること
今、水が来ていない人たちは、今晩は水の復旧の見込みがない。

空港

空港は施設や滑走路をチェックしたが問題ないとわかり、現在は開いている。
旅行者は遅れが出ると案内されている。

レッドゾーン

レッドゾーン内の建物はいくつかダメージを受けたり、倒壊したりした。
大聖堂は更なるダメージを受けてしまった。

さらに詳しい情報はThe PressのLatest informationをご覧ください。

Youtubeにもニュースがアップされていました。

今はもうこんな感じでもう大きな地震が来ないことを祈るしかありません。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS