実はアイスクリームの消費量が世界一のニュージーランド

スポンサーリンク

今年の日本はけっこう暑いらしいですね。
ニュージーランドはその逆で例年より寒かったり、オークランドや南島の各地で記録的な寒さを記録しました。

そんな寒いニュージーランドでは少し時季外れなお話しなんですけど、実はニュージーランド人は世界で一番アイスクリームを消費しているそうです。

いったいどのくらい食べているんでしょう?

まずいろんなアイスの重さを知る

ニュージーランド人がどのくらいアイスクリームを食べているか紹介する前に、まず一般的なコーンに乗っているアイスクリームの重さを調べてみました。そうすると「コーンのアイスクリーム10個分」とかイメージしやすくなりますからね。

まずこういうコーンにのっているアイスクリーム。
skitched-20131008-202708
© Laura Thorne

会社や国によってもちろん重さはまちまちなんですけど、いろいろ調べていくとだいたい110グラムから120グラムが一般的のようです。

ちなみに森永のpino(ピノ)は
skitched-20131008-211555

1粒でだいたい10ml、10グラム、カロリー数で言うと31kcalです。

スポンサーリンク

アイスクリーム消費ランキング発表

それではアイスクリームの消費ランキングを紹介していきましょう。
この調査は家庭用品メーカーのユニリーバが以前調査を行ったものです。

さっそく10位から年間消費量付きでランキングを発表していきたいと思います。

10位:イギリス 7.0リットル
09位:イタリア 8.0リットル
08位:アイルランド 8.4リットル
07位:デンマーク 9.9リットル
06位:カナダ 10.6リットル

とりあえず6位まで紹介してみました。
ちなみに日本はユニリーバの調査に載っていませんでした。ユニリーバ以外の調査データを見ていくと、日本人は平均で年間5リットルとか6リットル消費していると言われています。

ランキングの続きに行きます。

05位:スウェーデン 12.0リットル
04位:フィンランド 14.2リットル
03位:オーストラリア 18.0リットル

3位まで紹介したところで、すでに10位のイギリスの2倍以上オーストラリア人はアイスクリームを食べています。日本の平均が6リットルだったとしたら3倍です。考えただけで胸焼けしてきますね…。

そして気になる2位は、もちろんここです。

アメリカ。

アメリカの消費量は20.8リットルでした。これだって相当な量です。

ところが1位のニュージーランドは更に上をいきます。

なんと年間のアイスクリーム消費量は28.4リットルです。

つまり日本人の5倍も食べているんです。

28.4リットルをピノで例えると2,840粒です。2,840粒も食べれるか!って思うじゃないですか。
でも1年間で2,840個なので、1日平均8個粒。つまり毎日毎日1箱ちょっと食べている計算です。コーンのアイスなら1年間で260個弱なので、毎日は食べていない計算です。

そう言われてみるとニュージーランド人なら1日ピノ1箱以上のアイスクリーム食べている気がしませんか?

さらにニュージーランド人はコーンのアイスをシングルサイズじゃなくて、ダブルとかトリプルでペロッと平らげますよね。ダブルだったら1年に130個。つまり3日に1回アイスを食べれば28.4リットルなんて余裕でクリアなんです。

ダブルサイズのアイスを2日に1回食べれば年間消費量は44リットルです。こんなのニュージーランド人ならザラにいますよね。

全然ありがたくない結果

世界の「太った国民ランキング」でアメリカとメキシコとニュージーランドはトップ(ワースト?)3を常に争っています。

そこへ来てこういう調査結果は全然嬉しくありませんね。

皆さんも周りのニュージーランド人が食べているアイスクリームの量を見て「もう少し私は食べて良いのかも?」なんて思わないようにしましょうね!完全に感覚が狂ってきますよ。

※ちなみにアイスクリームの消費量はいろんな調査でいろんな結果が出ています。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS