パブやバーで笑いを取れ!英語の定番ギャグ

スポンサーリンク

以前、英語でコーヒーを注文する時の定番ギャグという記事で、カフェで使える定番ギャグを紹介しました。

今回は「英語の定番ギャグ」シリーズ第2弾として、パブやバーで使えるギャグを紹介したいと思います。第3弾があるかどうかはわかりません…。

でも、この定番ギャグを身につければ、たまたま居合わせたお客さんとと肩を組み合いながら大笑いできる仲になること間違いなし!です。

まずは紙と鉛筆を用意して、続きをお読みくださいませ。

パブやバーで飲むお酒と言えば

パブやバーに行ったとき、飲むものと言えばなんですか?

カクテルとか飲みますよね。
マティーニとか、ジントニックとか、あとは…。あんまりバーに行かないのでほか思い浮かびません。

そのほかには何を飲みますか?ワイン?生ビール?

そういうの、今回は全部忘れてください。

だって今回は瓶ビールで笑いを取る方法なんですから。

スポンサーリンク

瓶ビールはコップに注がずに飲む

さて、では瓶ビールを注文する前に。

ニュージーランドでは瓶ビールはコップに注がず、そのまま瓶に入った状態で飲む人が非常に多いです。もちろんレストランに行けば、コップに注いで飲みますが、家とかパブではそのまま飲んじゃいます。

なのでカウンターでこんな会話があったりします。

お客「Can I have an Speight’s? Speight’sを1本ください」
店員「You wanna a glass? コップはいる?」
お客「Nah ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎」
店員「ハッハッハ」

さて「◎◎◎◎」の部分でそのギャグが炸裂します。いったいなんでしょう?

答えを考えてから、写真より下を読みましょう。


This photo was originally taken by fatseth

わかりましたか?
答えを書いてしまうと答えは

Nah It’s already in a glass
もうすでにガラス(glass)の中に入ってるからね!

これであなたは笑われますよ!
これであなたは笑いを取れること間違いなしですよ!
こんなこと言わないでしょ?って思う人もいますよね。でも、けっこうこれ言う人多いです。どや顔で言う人ばかりです。

一応、ギャグの解説しておきますね。
瓶ビールはガラス(Glass)の中に入っているから、コップ(Glass)は要らないよってことなんです。

さー皆さん!このギャグをひっさげて、さっそくバーかパブに乗り込みましょう!

注意書き

このギャグが受けなくて、冷たい空気がパブ全体を覆って凍傷になっても、日刊ニュージーランドライフは一切の責任を負いません。また受けないという理由でのクレームも受け付けておりません。ご自身の責任において、このギャグをお使いください。

その代わり受けたときのお褒めの言葉や、お礼の金品は大歓迎です。ドシドシお送りください。

真面目な話。
このIt’s already in a glassをうちのカフェで何度お客さんが言っているのを聞いたことか。
その都度こちらは「へへ」と小さな笑いを入れるしかありません。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS