旅行者から永住者まで必見!ニュージーランドの保険の選び方

以前、日刊ニュージーランドライフでニュージーランドの保険について紹介したことがあります。
その時、なんとなく曖昧な書き方だったため、読者の方からいくつか質問をいただいたりしました。

そこで今回は専門の方にちょっとお話しを伺って、もう少し具体的にキチンとさせてみることにしました。

今回、お話しを伺ったのはChristchurchの保険会社AIA Financial Services Network Ltdの新田さんです。

日本でもそうなんですけど、ニュージーランドでも保険ってどうしたら良いか迷いますよね。
ワークビザや永住権を持っている人なら腰をすえて調べたり、周りの日本人ネットワークでみんながどうしているかを聞いてみることもできます。
でも、ワーキングホリデー(以下ワーホリ)の人や留学生、観光ビザで長期滞在する人とかはゆっくり選んでる時間なんてなかったりします。

そこでそれぞれのタイプに合った保険の見つけ方みたいなものを紹介したいと思います。

130106-142853

ビザごとの違いを理解する

まず保険の話の前にビザごとの違いみたいなものを説明したいと思います。

ビザのタイプは大きく分けて3つになります。

  1. 観光ビザ、ワーホリビザ、学生ビザ、2年未満のワークビザ
  2. 2年以上のワークビザ
  3. 永住権

ニュージーランドの医療システムでは「2年以上のワークビザ」を持っている人と「永住権」を持っている人は基本的に医療費はタダなんです。
もちろんこれはこれで途方もなく長い「医療を受けための長い列」があったりするんですけど、それはまた別のお話です。

なので、①の人たちがニュージーランドで病気の治療を受ける場合はすべて有料になります。

ちなみに怪我の場合、ACCというシステムがあるため旅行者だけでなくすべての人が「基本的に」無料になります。

保険は日本で入る?それともニュージーで?

それを踏まえて、次は「日本で加入したほうがいいか」「ニュージーランドで加入した方がいいか」を比較してみたいと思います。

ちなみに保険でカバーされる内容は有名どころのサザンクロスやユニケアは日本と大した違いがありません。医療費は基本的に無制限でカバーされています。

130205-202044

日本で保険に加入する方がいい場合

まずは英語で医療を受ける不安がある方は日本で加入してきた方が良いです。
ニュージーランドで加入する保険には医療通訳は含まれていませんので、医療通訳をお願いする場合は実費です。

それと日本の保険の場合、支払い自体を立て替えてくれる保険があります。
ニュージーランドの保険は、基本的に自分で一度払って、それを保険会社に請求することになります。

ニュージーランドで加入する方が良い場合

とことん値段を抑えたいならニュージーランドで加入する方が絶対に安いです。
一般的に半分以下、加入する内容によっては1/4なんてこともあります。

生活の基盤やお金の動きなどによって変わってきますが、ワークビザなどで滞在期間が長い方はニュージーランドで入る方が良いようです。

ある程度長くニュージーランドにいて、ニュージーランドに生活基盤ができている方の場合、ニュージーランドの保険ならニュージーランド国内で保険請求の精算を済ませることができます。ところが日本の保険はおりた保険のお金の振込先が日本の保険だと日本の口座に振り込まれてしまうなど、不便も生まれてきます。

それと永住権を持っている人や永住権を視野に入れてワークビザを所持している人は旅行保険ではなく、定住者向けでさまざまな保険があるので、そういった「定住者向けの保険」に入る方が良いようです。

121212-160659

ざっくりしたまとめ (個人的意見)

個人的に感じたのは、当面の生活の基盤(希望も含めて)がどこなのか、医療通訳が必要なのかが大きな切り分けのように思えました。

どちらにしても保険に入ることは絶対にオススメです。
万が一海外、ニュージーランドで思わぬ病気などにかかってしまった場合、その方の人生さえ狂わせかねないほどの大きな出費を請求されてしまうかも知れません。

この辺を踏まえて、日本の保険に加入するのか、ニュージーランドの保険に加入するのかを選ばれてはいかがでしょうか。

ちなみに自分自身はニュージーランドですでに永住権を持っているので、定住者向けの保険に2年くらい前に入りました。

ニュージーランドに旅行で来る方はもちろん、留学生、ワーホリの方、ワークの方などの参考になれば幸いです。

もっと詳しい情報を知りたい方は、今回相談させてもらったChristchurchの保険会社AIA Financial Services Network Ltdの新田さんに問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

新田さんのところでは、定住者やワークビザを持っている方向けとして

  • 医療保険(Medical Insurance)
  • 死亡保障(Life Cover)
  • 疾病保障(Trauma Cover)
  • 高度障害保障(Total Permanent Disability)
  • インカムプロテクション(Income Protection)
  • モゲージ保険
  • ビジネスプロテクション保険

またビジターや、ワーキングホリデー、学生、ワークビザ向けとして「ニュージーランド滞在中の旅行保険(日本からの応募も可)を取り扱っているそうです。

お問い合わせは日本語でもできるそうです。

Insurance Adviser/Registered Financial Adviser(FSP 55882)
Naoto Nitta(新田 直人)
0800-664-882
naotonitta@aiafsn.com

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS