徹底究明!ニュージーランド人をKiwiと呼ぶ理由

スポンサーリンク

ベストヒッツシリーズ

この記事は、過去に投稿された記事の中からアクセス数が多かったり、人気が高い記事、それとニュージーランドらしさを読者の方に味わっていただけそうなものを、改定・加筆した記事です。

他のベストヒッツシリーズを見てみたい方はこちらをご覧ください。

徹底究明!ニュージーランド人をKiwiと呼ぶ理由

この地球上には約200の国があります。
そんな200もある国の中で、自分たちのことを「○○人」と呼ばずに鳥の名前で呼ぶ国はきっとニュージーランドだけだと思います。

だって、Kiwiですよ。キウィ。

なんでニュージーランド人がKiwiと呼ばれるようになったのか。そんなくだらないことを考えたことありますか?

いろんな諸説あるようですが、そんな諸説を紹介しながら謎を解明していきたいと思います。

ニュージーランドの国鳥はキウィだから?

キウィはニュージーランドにしか生息しません。そしてニュージーランドの国鳥です。

だから「ニュージーランド人はKiwiと呼ばれるようになった」と言う説があります。

スポンサーリンク


This photo was originally taken by thedailyenglishshow

でも、それって本当なんでしょうか?安易すぎませんかね。

だったら日本の国鳥はキジです。今まで自分たちのことをキジなんて呼んだことありませんし、呼ばれたこともありません。

そんなこと言ったらフランスの国鳥はニワトリです。チキンです。
英語で「Are you chicken?」なんて言ったら殴られちゃいます。余談ですけどイギリス人はフランス人のことを「Frog(蛙)」と呼びます。これは差別用語らしいので気をつけましょう。理由は…。自分で調べてみましょう。

さてさて話を戻して。
「国鳥がKiwiだから」という理由は悪くない気もします。
でも、そんな理由なら世界中の人たちが国鳥だったり、国花の名前で呼ばれていてもおかしくないですよね。

キウィとニュージーランドの夫婦関係が似てるから?

鳥のキウィはメスが卵を産みます。

これは敢えて言うまでもありませんね。

これが逆で「オスが卵を産むから」ニュージーランド人の夫婦関係が似ているだったら、ニュージーランド人は男性が子どもを産むことになっちゃいます。これは生物的に、歴史的に、そして宗教的に、個人的にビックリです。

そんな余計な事言ってないで話を進めます。

鳥のキウィはメスが卵を産み、オスが卵を温めて孵します。

ニュージーランドの夫婦関係も似ていて、女性が子どもを産み、男性が家事をしたり子育てを積極的にすることが多いそうです。
それが鳥のキウィと似ていることから、そういう献身的に家事や子育てをする父親をKiwi husband(キウィの旦那)と呼びます。


This photo was originally taken by sel

これがニュージーランド人をキウィと呼ぶ理由なんでしょうか?

確かにそういう意味ではキウィとニュージーランド人は似てるかもしれません。

でも離婚率だって相当高いニュージーランド。そもそもキウィハズバンドは全体の何パーセントなんでしょう。
そんなこと言ったら日本だって「おしどり夫婦」なんて言葉があります。

でも日本人のことを「おしどり」なんて呼んだりしませんよね。

そんな理由で世界中の人たちが彼らをKiwiと呼んだり、自分たちのことをKiwiと言ったりしますかね?

なんか規模が違う気がします。内輪ネタっぽいですよね。
近所の井戸端会議で「あそこのうちはキウィみたいね。旦那さんが子どもを育てて。」「じゃ、あそこのうちの人たちをキウィって呼びましょうよ♪」みたいなノリです。

世界中で「Kiwi」と呼ばれる、全世界の人を「ニュージーランド人=Kiwi」にする大きな力が働かないと「Kiwi」と呼ばれないように思えます。

続きは明日

1話で完結させるにしてはちょっと話が長くなってしまったので、続きは明日にします。

次回は世界180ヶ国。世界シェアの3分の2を取ったと言われる製品がきっかけでニュージーランド人をKiwiと呼ぶようになったかもしれない?という話からスタートします。

あ。ところでイギリス人がフランス人を蛙と呼ぶのは…。

やっぱり自分で調べましょう。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS