世界で3番目に平和な国ニュージーランド

先日「世界平和度指数 Global peace index」が発表になりました。
タイトルで紹介したとおりニュージーランドは3位に選ばれました!

では、日本は?その他、近隣の国は?
その他、世界平和指数ってそもそも何?など今日はそんなお話しです。

世界平和指数 Global Peace Indesって何?

世界平和度指数というのは、イギリスのエコノミスト紙が22の項目にわたって162の国と地域を対象に行う調査で今年で7回目になります。

調査項目は簡単に紹介すると

  • 対外戦・内戦の数や程度、死者数
  • 近隣国との関係
  • 人口に対する難民、追放者の割合
  • 政治の不安定さ
  • 政治テロの程度、テロ、暴動の潜在的可能性
  • 殺人事件、暴力犯罪、犯罪収容者の数や程度
  • 警察、治安維持部隊、軍人の人口に対する割合
  • 兵器の輸入・輸出量や所持数・軍事力
  • 国連などの介入度合い

などです。

それらをすべて数値化して「数字が少ない=平和な国」としています。

060131-115601

気になる結果

さっそく1位から10位までを発表したいと思います。
国名の右に書かれている2つの数字は左側が2012年の結果、右側が2011年の結果です。ここ3年の変動も見てもらえたらと思います。

  1. アイスランド (1 1)
  2. デンマーク (2 4)
  3. ニュージーランド (2 2)
  4. オーストリア (6 6)
  5. スイス (10 16)
  6. 日本 (5 3)
  7. フィンランド (9 7)
  8. カナダ (4 8)
  9. スウェーデン (14 13)
  10. ベルギー (11 14)

日本は6位でしたね。
一見日本もニュージーランドもランクを落としているので、残念な感じがするんですけど実は世界平和度指数だけで見ると、良くなっているんです。

ランクが下がったのはニュージーランドの場合、去年同じ2位だったデンマークが今年はかなり指数が良くなったためデンマークが2位、ニュージーランドが3位に落ちました。
また日本は去年、日本より下だったオーストリアとスイスがかなり良い結果を出してきたので結果的にランクが落ちた形になってしまったようです。

その他、気になる国をあげていくと

  1. ドイツ
  2. オーストラリア
  3. 台湾
  4. イギリス
  5. 韓国
  6. フランス
  7. アメリカ
  8. 中国
  9. 北朝鮮

と言う結果でした。

世界的な世界平和度指数の傾向

2008年と比べて世界的な平和度指数は5%下がっているそうです。

162の国と地域のうち48の国と地域の平和度指数は上がっているが、逆に110もの国と地域の平和度指数は下がっているという残念な結果になりました。

またトップ20のうち13カ国がヨーロッパ諸国で占めているため、ヨーロッパが比較的他の地域と比べると平和であるのがわかります。

060130-201515

個人的に思うこと

この世界平和度指数が良い=治安が良いと言うわけではありません。

と言うのは、項目がいろいろあるため犯罪率が高くても他の数値が良ければ、それなりに良い結果が出てしまいます。
また最近深刻化しているDVが考慮されておらず、女性や子どもに対する評価が含まれていないのはどうなんだ?という声も上がっているそうです。

もちろん同じ国でも治安が良い場所と悪い場所もあります。
なので一概にこの結果が良かったからと言って、盲目的に諸手を挙げて喜ぶわけにはいかないみたいですね。

でも、とりあえず日本もニュージーランドも上位に選ばれていることは喜ばしいことですね!!

詳しい結果が気になる方はGlobal peace index 2013 英語をご覧ください。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS