NZ発の”簡単巻き寿司メーカー”日本で発売!

スポンサーリンク

ニュージーランドには「自宅で簡単に巻き寿司が作れる」をキャッチコピーにした巻き寿司メーカーが売っています。

しかも猿でもできると言われるほど簡単で、見た目はプロ並みと言うから驚きです。
お値段は定価でたったの39.90ドル。お店だと29.90ドルとかで買えちゃうようです。

そんな巻き寿司メーカーが日本で逆輸入発売されているの知ってました?

今回はその巻き寿司メーカーを紹介したいと思います。

その名は「Sushezi」

この巻き寿司メーカーの名前は「Sushezi」と言います。

読み方は「スシェジ」ではありません。
SushiとEasyを合わせた造語で「スシィジー」と読みます。これを開発したのはHydraflow Industries LimitedというWellingtonにある会社です。

さっそくどんな商品なのか見てみましょう。
動画があったのですが、4分ちょっとと長いので、どんな商品なのか画像でサッとお伝えしちゃいます。
興味ある人、時間がある人は動画(英語)もこのあとにありますので、どうぞ。


ジャジャーン!これがそのSuzhezi!いかにも胡散臭いですよね!

スポンサーリンク

作り方はすごく簡単。1本1ー2分で作れちゃいます。


まずはこの謎の容器にご飯を詰めていきます。


そしてそのご飯の上に具を載せます。


棒をセットして、容器をパタンと閉じる。

これだけ見ると、寿司を作っているとは到底思えない光景ですよね。

そして

海苔の上でニュルンっ!と押し出す


さらに押し出す!


あとは海苔で巻いて


包丁で切るだけ。

時間がある人用の動画。

画期的と言えば画期的な商品

どうですか?買ってみたくなりましたか?Susezi。
道具はすごく怪しいし、入れてる具もイマイチ食欲をそそる感じがしませんが、具を変えたり、ちゃんとご飯が炊けたら意外とニュージーランドのショッピングモールの寿司よりは美味しい寿司が巻けるかもしれませんよ。

そんなニュージーランド発の寿司メーカーを楽天で買えちゃいます。

その名も

The 寿司バズーカ 寿司次郎

胡散臭さ満点…

お値段はたったの1886円。なんかちょっと遊びで買っても良い値段ですよね。興味ある方は「楽天市場」でどうぞ。

まぁ、邪道な作り方、ある意味オモチャみたいなものなので「そもそもこんなのでうまい巻き寿司を作れるわけがない!」と真面目にイラッとしないでくださいね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS