ド迫力!家の引っ越しに遭遇 [動画有り]

ものを大切にする人が多いニュージーランドでは、日本人と比べてものを捨てずにボロボロになるまで使い倒すことがけっこうあります。

「え?誰も買わないでしょ?」というものが、普通にセカンドハンド(中古)として売られていることがけっこうあります。

そんなニュージーランド。
お引っ越しをするときに家ごと引っ越ししてしまうことがあるんです。

日本でも文化財級の家とか、古民家を別のところで展示するために家の引っ越しをすることがありますが、ニュージーランドではごく普通の家でも引っ越しさせることがあります。

今日はそんな家の大移動に遭遇したので、写真と動画で紹介したいと思います。

それはある日ある場所で起こった

ある日、Chirstchurchに向かって郊外の道を走っていました。

すると数百メートル先で道のど真ん中に車を停めて、通行止めしている人が見えました。

こっちはスピードを落として近づくとその人が歩いてきて「今からメチャクチャ大きなものがここを通るから、車をできるだけ路肩に出して停めて欲しい」と言われました。

その時点で「あ、家の引っ越しだ!」とわかったので、車を路肩に停めてカメラを構えて待っていました。

そして数分後にやってきたのがこれです
130815-092840
2車線思いっきり占領する家がトラックに乗って運ばれてきました。ここで一眼カメラからビデオカメラに持ち替えて動画を撮ってみました。

130815-092859
そして家は2台の先導車と2台の後続車に守られながら、どこかに向かって走って行きました。

いったいいくらくらいするんだろう?

いろいろ調べてみたんですけど、そういう家を引っ越しさせる会社のページに具体的な金額は載っていませんでした。

移動距離や、家の造り、さらに場合によっては公道を封鎖しなければいけなかったり、さらに引っ越し先で基礎を入れる作業、家を固定してからの修繕費など不確定要素が多すぎて事前に「10,000ドルですよ!」とか言えないみたいです。

でも、調べていくと家を建てるよりは安いみたいです。
気になるのは耐震構造とか大丈夫なのか?なんですけど、その辺は大丈夫なんですかね。

羊の大移動と同じかそれ以上にレアなものを見れたのですごく貴重な経験ができました。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS