NZ南島の温泉事情 | 温泉 in NZ

スポンサーリンク

日刊ニュージーランドライフではすでにシリーズものとして「カイコウラ旅行2011」と「The Georgeで晩餐」があります。

今回はこれから来る冬に向けてオススメの温泉について何回かに渡って書いていきたいと思います。

まず最初の話はNZ南島の温泉事情からスタートします。

ニュージーランドの温泉と言えば北島の都市「ロトルア」が有名。
ロトルアにはポリネシアンスパのように有料でちゃんと整備されたプールもあるし、天然の温泉もいっぱいある。温度もぬるいところから「熱湯コマーシャルしにきたんじゃない!」って言いたくなるほど熱い温泉もある。

その一方、南島はニュージーランド/南島の温泉約30湯一覧によると、いくつか温泉地はあるけど、ちゃんと整備された温泉は2カ所、他に30ほど天然温泉があるけど、どれも温度が低かったり、最寄りの駐車場から何時間、場所によっては何日も歩かないといけないところばかりらしい。

自分が聞いたことある温泉は3つ。


This photo was taken by willposh
1つがハンマースプリングス。
クライストチャーチから車で1時間半ほど北へ行ったところにある街。温泉の周りにモーテルが建ち並び、「街」として形成されている。どちらかというと家族連れでワイワイ楽しむところ。「温泉」というより「温水プール」って言う感じ。

スポンサーリンク


This photo was taken by © Maruia Springs
もう1つがマルイア・スプリングス。
こちらはハンマースプリングスからさらに北へ1時間ほど行ったところにある日本人が経営する温泉宿。
こっちは「街」ではなくて、山の中にあるホテルの名前。山の中を車で走らせていると突然ポツンと出てくる。こっちは「温泉」子ども連れで行くよりカップルとか夫婦で行く場所。


カメラ:Canon IXY 900IS
最後の1つが天然温泉のSylvia Flats。
川辺にある温泉で自分で浸かる場所を作ってはいるタイプ。ここはその日の川の水の量で掘る場所で温泉の温度が大きく違うのと、ゴミやヌルヌルしたヘドロ?みたいなのが多く個人的にはあまりオススメできない。

※クイーンズタウンにも日本人が経営している温泉があるけど、あれは温泉ではなくお風呂なのかな?誰か知っている人いたら教えてください。

と言うことで、「温泉入るか in NZ」シリーズ1回目はニュージーランド南島の温泉事情でした。

次回は今回紹介した温泉の1つ。マルイア・スプリングスを紹介したいと思います。

シリーズの過去の記事を読みたい方は「温泉入るか in NZ」をどうぞ。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS