NZのニュースにはアレがありません さて何でしょう?

スポンサーリンク

日本にあってニュージーランドにないものなんていっぱいあります。
でも、いざニュージーランドに来て生活してみると意外となくても平気なものってたくさんあります。

そんな「なくても平気だったもの」の1つが今回の話の中心になる「アレ」です。

その「アレ」とは日本にいるとき毎朝どころか1日に何度もテレビで放送されているのを見ました。でもニュージーランドでは一度も見たことがないんです。

さていったいなんだと思いますか?

毎朝毎日、目に触れる「アレ」

その「アレ」せっかくなので、何か考えてみましょう。

少しヒントを出して行きますね。
まずその「アレ」は朝のニュースではほぼ全部の放送局で流れます。
番組によっては画面の下のオビのところでずっと流れていることもあります。けっこう毎朝欠かさず見てる人多いはずです。

インターネットでも見ることができます。
スマートフォンとかだとそれ専用のアプリがあったり、専用ページもあって通勤中とか見ている人がいるんじゃないでしょうか。

この「アレ」次第でその日の荷物とか服装が替わる日ともいますね。
あと場合によっては出かける場所も変わってくるかもしれません。

その情報は日本にいたらほぼ必ず毎朝テレビでニュースを見ている人なら、ほとんどのチャンネルで流れる情報です。欠かさず見ている人多いです。
けっこうその情報でその日の持ち物が変わります。女の子なんかは服装を変えたりする人多いかもしれません。

スポンサーリンク

わかりましたか?

答えは簡単ですね。もちろんこれ

占いではありません。

まぁある意味正解かもしれないです。
占いも確かに、ニュージーランドのニュース番組でやってないと思います。特に血液型占いなんて100%やりません。海外だと自分の血液型すら知らない人が山ほどいますからね。

それに占いは気にする人はいても「欠かさず見る」というほどではありません。

持ち物とか服装を占いの結果で変える人はあまりいないと思います。
「今日のラッキーアイテムはピンクのスカート♪」と言われて、ジーンズを履いてたのにピンクのスカートに変えたりしないでしょうし、

「今日のアンラッキー方角は南南西(T_T)、今日は西北西に行こう(^O^)」
と言われて、会社が南南西だから休んで、西北西に遊びに行ったりしないと思います。

そんなことやってみたいですけどね。

さてさて、答えはわかりました?

最後のヒントはコレです。

モザイクかけてあります。

そろそろわかりそうですね。

答えは

降水確率です。

日本だと降水確率って天気予報の中で必ず出てきますよね。
しかも朝はニュース番組によっては画面の端にずっと表示されていたりします。それに仕事している人は欠かさず見るでしょうし、持ち物は傘を持っていくでしょうし。女の人はヒラヒラしたものを着なかったり、水が跳ねても良い足元になるんじゃないでしょうか。

ところがニュージーランドでは見たことありません。


こちらでは天気と気温、あとは風の強さくらいですかね。


あとは妙にカッコイイCGの地図で雲の動き、雨が降る場所などを見せてくれます。
これは逆に日本にはなくてニュージーランドにはある良いところです。でも、ピンポイントでどこに雨が降るのかなどはまーーーったくわかりません。雰囲気だけです。

ニュージーランドでは、ひどいときには「晴れところにより曇り、時には雨または雪が降り、雷が伴うかもしれません」とか平気で言いますからね。天気の全部盛りです。

確かに降水確率ってありがたいと言えばありがたいです。

でも、なんか日本的ですよね。降水確率80%とか90%、あと20%30%とか。

今回の話のまとめ

降水確率って0%から何%くらいまで皆さん傘を持っていかずに出かけますか?

自分の場合60%くらいなんですけど、以前飲み会で話していた意見では50%くらいから傘を携帯する人が多くて驚きました。

それと個人的には夏の「ビール指数」は朝からその日夜飲むビールが楽しみになるので大好きです!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS