洗剤を飲むニュージーランド人

スポンサーリンク


This photo was taken by penelopepi

ニュージーランド人は食器をゆすがない。

昔ワーホリでニュージーランドへ行く前に知った驚愕の事実だった。
全員そうなのかと思って「ホームステイ先でゆすいでない食器に盛られたご飯は食べたくないな…」と思っていたら、幸いその家には洗浄機があって、そんな問題気にする必要がなかった。

ところがそれから数年後。

そんなことすっかり忘れていたのに思い出させてくれた人がいた。

うちのKiwiスタッフ。彼女は食器をゆすがない。

今回の話はその彼女との会話。彼女は最後にキレた。

スポンサーリンク

ある日。
うちの洗浄機が壊れた。電源が入らなくなった。

そこで彼女が「ゆすがない族」だと判明した。

お湯を溜める→洗剤をバーッと入れて洗う→横にある食器置き場にゆすがずに置く→布で拭かず放置→乾いた頃合いを見てちょっと付いてる水滴を布で拭く→元に戻す

これを繰り返していた。
もちろん洗剤分が付いてるからガラスにはなんかクリアじゃなくて、モヤッとしてる。

それに気がついて「ゆすがないとダメだよ!」と言ったら「大丈夫」と言う。

彼女:ニュージーランド人はみんなこうしているから大丈夫

マシュー:大丈夫じゃない。グラスとか汚いし、洗剤がまだ残ってるでしょ

彼女:私はずっとこうしているけど、体を壊したことはない!(若干怒り気味)

スポンサーリンク

マシュー:そういう問題じゃないでしょ。これは洗剤を飲んでいるのと同じだよ。じゃあ洗剤飲む?

彼女:食器洗い洗剤の方が強い洗剤でもっと体に悪いのよっ!!(話をすり替えようとする)

マシュー:そうなの?(本当に知らない)

彼女:そうよ!だってガラスは割れるし、プラスチックは変形するし…中略

マシュー:それ洗剤のせいじゃないでしょ!お湯が熱いからだよ。

彼女:黙る

マシュー:それにこの洗浄機、昔から壊れてて洗剤使ってないからね。だからうちはずっと流しで洗って洗浄機で、洗剤と油分を落としてるだけなんだよ。

彼女:キーーーーー!!(実際には言わないけど)じゃあ、流すわよ!これで良いでしょ!

スポンサーリンク

と言いながらコップに1杯水を入れて、泡がまだ付いてる山盛りの洗い物に水をチョロチョロっとかけて立ち去っていった。

「洗剤を飲むニュージーランド人」は言い過ぎかもしれないけど、泡が付いてるのをそのままにするってことは間接的には、洗剤を飲んでるのと同じこと。

その洗剤だらけの食器は「体に害がない」と言って、洗剤を飲んでみてと言うと「体に悪い」という。
まぁ、もちろん濃度が違うわけだけど、「できるだけゆすいでゼロに近くしよう」という気持ちはないらしい。

そんな彼女とは週に1回くらい仕事で一緒になるけど、今は素直にゆすいでいます。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS