ニュージーランドの中心でM6.5の地震発生 大きな被害は無し

スポンサーリンク

19日からずっとニュージーランドのほぼ中心地、北島と南島のあいだにある海域でマグニチュード3-5クラスの地震が断続的に起きていました。

そして今日7月21日午後5時9分にマグニチュード6.5の地震が起こってしまいました。

先に報告しておきますと大きな被害は出ていないそうなのですが、具体的にどこで起こったのか、震源の深さは?街の様子は?と言った速報をお知らせしたいと思います。

地震が起こった場所と震源の深さ

マグニチュード6.5の地震。震源の深さは11km。
場所はちょうどWellingtonの南、Blenheimの東あたりでした。

この地域では19日金曜日にマグニチュード5.7の地震が起こってから断続的に比較的規模の大きな地震が起こっており、先ほどここ数日では最大のマグニチュード6.5の揺れが観測されました。
一時期、マグニチュードは6.8とも6.9ともGeonetで言われていて情報が交錯したみたいなのですが現在は6.5で落ち着いているようです。

今日にマグニチュード2.5以上の地震が50回以上。
マグニチュード4クラスの地震だけでも8回、マグニチュード5クラスが1回、そして6.5が1回起こりました。


View Wellington地震の場所 in a larger map

地震は北はHamilton、南はChristchurchでも揺れが報告されています。

地震の被害は

Wellingtonでは停電が起こり、エレベーターが止まる、ビルに亀裂が入るなどの報告があったそうですが、幸いにも震源地が海の中のためWellingtonもBlenheimも今のところ大きな被害の報告は出ていないそうです。

スポンサーリンク

ちなみにWellingtonのNew Worldでは地震の後、店員が商品を片付けていました。

海での地震と言うことで津波を心配したのですが、今のところ警報も注意報も出ていません。

今後どうなるのか

ニュージーランドで地震や津波などを研究しているGeonetの発表では今後も断続的に地震は起こるであろうとのことです。
実際こうやって書いている20分のあいだにもマグニチュード3.2から4.6の地震がほぼ2分おきで起こり続けています。

これが大きな地震の前触れなのか、それとも今回の地震が本震なのかはわからないそうです。

WellingtonやBlenheim、またNelsonなど北島の南部、南島の北部に住んでいる人達は今後しばらくのあいだは厳重な注意が必要かもしれません。

また何か動きがある場合は、その都度Facebookページか日刊ニュージーランドライフでお知らせしたいと思います。

次のお知らせを日刊ニュージーランドライフでしないことを祈っています。
地震なんてないに越したことはありませんからね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS