「え?まさか…なB&B」から今年も届きました

スポンサーリンク

以前、日刊ニュージーランドライフで「え?ま、まさか…なB&B」を紹介しました。

その驚きのB&Bを発見してから2年。
再びそのB&Bから職場にチラシが送られてきて、職場で小笑いをしたので紹介したいと思います。

今年送られてきたチラシ

2013-07-17 21-21-58
送られてきたチラシは裏表こんな感じです。

ぱっと見普通のB&Bなのかな?と思いがちなんですけど、よーーく見ると気になることが書いてあります。

「Naturist park」

ナチュリスト?
Naturalistは植物とか動物の学者のことや自然主義者のことを言います。ではNaturistって知らない人に取ってはこれだけ見ても何のことだかわかりませんよね。

今年のチラシはかなり抑えめのようです。
以前送られてきたチラシはもっとあからさまな写真が使われていました。


なんかこれでもわかりにくいですかね。

拡大してみたらすぐにわかります。

そうなんです。このB&BはヌーディストビーチならぬヌーディストのためのB&Bなんです。

スポンサーリンク

裸体主義者が集う宿

ナチュリスト、またはヌーディストというのは全裸のまま服を着た状態と同じように過ごす人たちのことを言い、ドイツやフランスなどはヌーディズム先進国と呼ばれているそうです。

いわゆる露出狂みたいなものとの違いは、そこに「性的感情の有無があるかないか」で区別されるそうです。
なので裸にコートを着て、暗がりでババーンと見せる人はヌーディストではなくただの変態です。

ヨーロッパではヌーディストビーチどころか、Cap d’ Agdeというヌーディスト専用リゾートがあるそうです。
年間35万人も訪れ、レストランやお土産物屋、キャンプサイトやホテル、飲み屋、レストラン、郵便局、銀行、美容院などすべてほぼ全裸で利用できると言うから驚きです。

ところで話は戻ってこの裸族専用B&Bなんですけど、ホームページがもう裸族感満点です。
skitched-20130718-160111

ここではただの宿泊だけでなくてヌーディストのためのイベントを定期的に開催しています。

ヌーディストクルーズはワインテイスティング、軽食、晩ご飯、もちろん船上ではミュージシャンを呼んで演奏まで付いてきます。
また別の日にはヌードゴルフ インターナショナルなんていうたいそうな名前のゴルフ大会まで開催されるそうです。

これらもちろんすべて全裸でこれらを行うわけです。

個人的には興味ありません

なんかこうやって書いていると「あ、この人ちょっと興味あるのかな?」なんて思われそうですが興味ありません!

でも、ネタとして日本にはないB&Bで面白いので紹介してみました。

日本ではこういうの完全にタブー視されているので、日本人で興味がある人はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

Wai-natur

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS