警察の事情聴取を受けて感じたこと

今日、警察から事情聴取を受けました。

警察がうちの職場に来て、うちの職場で起こった事件について根掘り葉掘り聞かれました。
今日はそんな人生初、しかも日本でも受けたことがないのにニュージーランド、英語で受けた事情聴取で感じたことを書いてみたいと思います。

skitched-20130710-200338
© Coast Guard

事件は昨日の夜から今日にかけて起こりました。
と言っても、事件の顛末はここでは敢えてほとんど触れません。書き始めるといろんな状況など書かないとわからないことだし、それを全部書いても話自体はあまり面白いことではないので。

一言で言ってしまえば無銭飲食みたいなものです。
うちは職場はカフェもあるけどホテルもあるので、泊まってご飯食べてお酒飲んで…として350ドルほど支払わずにお客さんが逃げてしまいました。

そこで警察に電話をしたり、ご近所さんで事情を知っているかもしれない人と話したりしました。

そこで感じたこと、学んだことがありました。

英語の壁:ネイティブじゃない大変さ

事情聴取を警察にされたとき、いろんなことを聞かれます。

事の成り行き
時間をおって最初から最後まで一語一区、一挙手一投足こっちが何を言って何をしたか、もちろん相手がなんと言って何をしたかか聞かれます。

普段の会話では使わない英語なので、それを英語で1つ1つ説明するのは大変です。
そして警察官はこっちがしゃべったことを全部ノートに取ります。少ししゃべると、それをさらに掘り下げてくることもあります。

犯人の容姿
相手がどんな人だったか。これも説明するのは大変です。
今回はカップルだったので、それぞれの容姿を説明します。髪の色や長さ、背格好、国籍など詳細に説明していきます。

また立ち振る舞いからどんな人なのかも聞かれるんですけど、こっちがネイティブじゃないので的確な言葉が見つからなくて四苦八苦しました。
こっちが10分くらいかかる内容を、たまたまそこに居合わせたニュージーランド人の女性のお客さんが警察に説明したら1分くらいで終わりました。

2013-07-10 16-43-35
ちなみにこれは今日の新聞です。
新聞にChristchurchで起こった窃盗などで指名手配になっている人は新聞に載って情報を募ったりします。

人種の壁:外国人を見る目がない大変さ

「外国人を見る目」って言うのは、例えば外国人をパッと見ても年齢とかがわからなかったり、そもそも人の区別がイマイチ付かないんです。

例えば今回の場合、事前に警察がここ数日にわたって捜している女性がいました。
その女性は別の事件に関わっていてたそうです。そこで警察はその女性の写真を持ってきて「この人か?」と聞いてきたんですけど、その写真に写っている人が今回うちの職場で無銭飲食をした人と同じなのか自分自身はよくわかりませんでした。

「この人だよね?」と言われれば「そうかも…」だけど「違うよね?」と言われても「違うかも…」となってしまうんです。
警察は20代前半の女性と言ってましたが、うちの職場に来た女性は30才半ば後半くらいでした。

ところが事件の一部始終を見ていた上でも登場したお客さんは警察が写真を見せたら「そうよ!この人よ。20代前半くらいだったわ」とすぐに判別することができるんです。

カップルの男性の方も同じでした。
自分は写真に載ってる人と実物で同じ人かどうかわかりませんでしたが、お客さんはすぐに同じ人だと言いました。

これが日本人だったら絶対に見分けが付いたと思うんです。
でも、外国人になると何かみんな同じような顔に見えてしまうから困ります。黒人さんに至っては未だに全員同じ顔に見えてしまうから不思議です。

事件に出くわしたらカメラで記録しておきましょう

今回の事件は防犯カメラが写る場所でお客さんとやり取りをしたり、居合わせたお客さんが携帯のカメラで撮影をしてくれたりしたので、警察にかなり具体的で正確な情報をあげることができました。

skitched-20130710-195746
© Thomas Hawk

カメラで撮影しておけば、具体的なその人の容姿はもちろん正確な時間がわかります。
ビデオカメラだったら、さらになんと言っているのか、どんな事が起こっているのか克明に記録してくれますからね。

でも、これが防犯カメラが写らないところだったり、誰も居合わせなかったらまったく正確な情報をあげることができませんでした。

もちろん日本人なので、外国人の見分けが付きにくかったり英語で上手く説明できないのは多少しょうがないのかもしれません。でも、だからこそそういう何かに記録として残しておく方が良いと思います。
英語が拙ければ拙いほど、こういう写真や動画の証拠は本当にありがたいです。

皆さんも旅行するとき何かトラブルに巻き込まれそうになったり、巻き込まれてしまった場合、また誰かが巻き込まれている場合はカメラとかでどんな些細なことでも写真を撮って、よりキチンとした情報を残しておいた方が良いですよ。

今回の事件でそんなことを痛感しました。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS