パンケーキとホットケーキの違いは何?

しばらく前から日本ではパンケーキがブームらしいですね。
あちこちでパンケーキが食べられるお店がオープンしたという話をニュースで見ました。

ところでパンケーキとホットケーキって何が違うんでしょう?

ちなみにニュージーランドでホットケーキ Hot cakeを見かけたことがありません。カフェなどでは必ずPancakeです。
これはホットケーキは日本語、パンケーキは英語という解釈で良いんでしょうか?それとも根本的に違う料理なのでしょうか?

今日はそんなお話です。

個人的なイメージを比べてみる

まず日本のホットケーキと、海外で見かけるパンケーキの違いを勝手なイメージで比べてみたいと思います。

ホットケーキのイメージ

skitched-20130624-190805
© Yuri

フワッとしていて生地は厚め。
ハチミツとかメープルシロップをかけて、上にはバターがひとかけらのってる。

どちらかというとデザート的な存在。

パンケーキのイメージ

skitched-20130624-190441
© Yann

生地はわりと薄め。
生クリームとかジャムと一緒に食べるデザート的なものもあるけど、ベーコンとバナナ、さらにメープルをかけて食べたりするおかず的な要素もある。

ホットケーキはそもそも和製英語なのか

ホットケーキが和製英語なのか、それとも英語でもあるのかを調べてみました。

結果から言えばアメリカの一部やメキシコなどではホットケーキと呼ばれているらしく英英辞書でもキチンと「hot cake(hotcake)と調べると、パンケーキと同じ意味だよと書いてあります。

ちなみにうちのiPhoneに入っている英和和英辞書で調べたところ
2013-06-24 19-13-51
答えを出すんじゃなくて、こう問われてしまいました…。なんでHot cakeを探していてヒッチハイクになっちゃうんでしょう…

つまり完全な和製英語ではなさそうです。
まさか「天ぷら」とか「すき焼き」と同じで日本語のホットケーキが英語になったと言うことでしょうか?

森永さんに聞いてみる

森永と言えばホットケーキミックスが有名ですよね。

実は森永では「ホットケーキミックス」も売ってるんですけど、「パンケーキミックス」も売ってるんです。
森永ホットケーキミックスレシピ100 (ミニCookシリーズ)
森永ホットケーキミックスレシピ100 (ミニCookシリーズ) | Amazon.co.jp
これがホットケーキミックス。けっこう見たことある人多いんじゃないでしょうか。

「おいしさ重ねてロングセラー」って何を笑点みたいにうまいこと言ってるんでしょう。

そしてこれがパンケーキミックス。
森永 パンケーキミックス 600g 1袋
森永 パンケーキミックス 600g 1袋 | Amazon.co.jp

これらの違いはホットケーキミックスは牛乳とか卵を入れて作るのに対して、パンケーキミックスは水だけで作れるようになっていること。それとパンケーキミックスには砂糖が使われていないことです。

明らかに「おかず的に食べるならパンケーキミックス」という位置づけです。

Pancakeってそもそも何かを詰めていくと

Pakcakeというのは、もともとオーブンを使わずに主にフライパンで作るケーキのことをPancakeと呼んだそうです。

なのでいろいろ調べていくと、クレープもパンケーキだし、派生系だとワッフルも、さらに言ってしまえばお好み焼きもチジミも、どら焼きですらパンケーキの一種になるそうです。

そしてもちろんその中にホットケーキが含まれていました。

ネットで英語を使ってホットケーキとパンケーキのレシピを読みあさっていくと、パンケーキのレシピでは砂糖を使わないものがけっこうあったのに対して、ホットケーキの場合は砂糖は必ず入っていてベーキングパウダーの割合も多めでした。

つまりホットケーキはパンケーキの一種で甘くてふっくらさせたものであることが多いようです。
中にはHot cake as known as Japanese pancake、つまりホットケーキは「日本版パンケーキ」と書いてあるところもあるほどです。
こうなるとあながち「天ぷらとかすき焼きのようにホットケーキが英語化された」というのは間違っていないのかもしれません。

ホットケーキとパンケーキの違い:結論

結局いろいろ調べた割には「これ!」という結論は導き出せなかったんです。

敢えて言うなら「ホットケーキはパンケーキの一種」という感じでしょうか。

何だかスッキリしない結果だったんですけど、ここまで調べたので生地じゃなくて記事として皆さんにも、このモヤモヤ感を共有してみることにしました。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS