ニュージーランドは「AKB48」が違法です

スポンサーリンク

ニュージーランドではAKB48が違法なんです。

どうして違法なんでしょうか。
人びとを惑わせるものがあるから?中毒性があるから?

AKB48が誕生したとき僕は日本に住んでいなかったのと、ニュージーランドでAKB48を見たことがなかったので、その話を聞くまでAKB48が違法だなんて考えもしませんでした。

AKB48が違法なニュージーランド

Number 48

日本で生まれたAKB48は今から3年ほど前の2012年7月13日からニュージーランドでは禁止になっています。

つまりそれ以降、AKB48はどこに一般的には販売されておらず、もしかしたら裏のルートなら買えるかもしれないけど、高値で取引されているかもしれないものになってしまいました。

AKB48が禁止されていることはThe Department of Internal Affairs(総務省のようなもの)のページにもキチンと明記されています。

でも、どうしてAKB48が違法なんでしょう。

スポンサーリンク

AKB48が違法なワケ

Oamaru

AKB48が禁止されている理由、それは

麻薬

だからです。

アイドルグループのAKB48が麻薬ってどういうこと?って何だかよくわかりませんよね。

実は「AKB48」は皆さんが想像するアイドルグループの名前でもあるんですけど、2012年に日本の研究所で発見された麻薬の一種でもあるんです。別名をAPINACAといって服用すると大麻に似た感覚を味わえるそうです。しかも服用後の中毒性が低いとか。といっても大麻を吸ったことがないのでよくわかりませんけどね。。。

しばらく前に、誰かがFacebookでニュージーランドにいる日本人が「AKB48」というナンバーの車に乗っていると書いてあるのを見ました。アイドルグループのAKB48は知らないけど、麻薬のAKB48を知ってる人が見たら「こんな大胆に麻薬の名前を書くなんて」と驚いたりするんですかね。

という、何とも下らないお話でした。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS