楽しそう!ニュージー生まれの世界最小折り畳みバイクYikeBike

ニュージーランド生まれの折り畳みバイクが世界を変えるかもしれない!?
と言ったら大げさすぎるかもしれませんが、もし一般的に普及すれば通勤とか通学のスタイルを少し変えてしまうかもしれない、というちょっと楽しそうなニュースです。

いったい世界最小の折り畳みバイクYikeBikeってどんなものなんでしょう?

まずは動画をどうぞ

4分ちょっとの動画です。
時間がない方は最初の30秒。1分だけ見てもらえればどんなものかわかってもらえると思います。

簡単にこのYikeBikeを説明すると、時速25kmまで出る電動式の折り畳みバイクで、重さは一番軽いタイプで11.2kg。カーボンファイバーで作られているそうです。
ニュージーランド人のGrant Ryanとそのデザインチームがニュージーランドで作り始めました。

感覚的には自転車に乗るみたいに最初は慣れが必要で、慣れてしまえば自由自在に乗りこなせるみたいですね。

個人的に気になるところ

動画を見ていて思った人もいるんじゃないでしょうか。
雨の日どうするんだろう?荷物多いときは…?

運転は両手でするので、雨の人か荷物が多い日は向いてないみたいです。

でも、原付やセグウェイだって雨の日や荷物が多い日は適してませんからね。

あと気になるお値段も今は一番安いタイプで1,995USドル。一番値段が高いモデルで3,995USドル。
セグウェイはもっと高くて6,300USドル〜7,400USドルなので半額どころか3分の1以下の値段なので、安いと言えば安いのかも?です。

あと5年このまま研究・開発を進めていけばけっこう良い乗り物になるんじゃないでしょうか?

ちなみにYikeBikeのホームページではニュージーランドやアメリカ、さらに日本で買える場所を紹介していますので、興味がある方は覗いてみてください。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS