お釣りの渡され方で大混乱なニュージーランド

スポンサーリンク

ニュージーランドに限ったことではないんですけど、外国に出るとお釣りの渡され方だけでも慣れないと戸惑ってしまいます。

お釣りの渡し方にそんなバリエーションあるの?って日本にずっと住んでると思うんじゃないでしょうか。

例えば2,500円のものを買って1万円札を出した場合、かなり丁寧な店員さんは
「では7500円のお釣りになります」とお釣りの総額を知らせたあとで、「お先に大きい方5000円」と言いながら5000円札を渡して、続いて1000円札を追加しながら「6000、7000円と、500円のお返しになります」とやってくれます。

もちろん雑な人がお釣りをお金を置くトレイとか、カウンターにバシャっ!と置いておしまいです。

ところがニュージーランドの場合は

例えば、15ドル50セントの商品を100ドル札で買おうとすると

まず店員さんは「16ドル」と言いながら50セントを渡してきます。

そして2ドル玉を2個渡して「20ドル」、そして20ドル札を4枚渡しながら「はい。ちょうど100ドルね」と言ってきます。

わかりました?言いたいこと。

買い物した金額15.50ドルに50セント足して「16ドル」
そこに2ドル玉を2枚足して「20ドル」さらに20ドル札を4枚渡足して「100ドル」ってことなんです。

スポンサーリンク

って上で最初に書いたことと同じですね…。

初めはこれを英語、しかもキウィ訛り全開でされるといったい何のことだかサッパリわかりません。何か煙に巻かれたような、ちょっと騙されてるんじゃないか?とすら思えるほどわけがわかりません。

自分でお釣りの金額を計算して、もらったお金を数えなければ、お釣りが合ってるのか合ってないのかすらわかりません。

「なぜ足して100ドルにする?」と聞きたくなる。でも、彼らはそれが当たり前なんです。

もしかしたら、お釣りを渡す人は自分が総額で幾らのお釣りを渡したのかわかっていないのかもしれません。

でも、これも文化とか考え方の違い。面白いですね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS