日本のアニメをダウンロードしたニュージーランド人逮捕

日本人にとって微妙に切ないニュースがここ数日、世界中のニュースサイトで取り上げられています。

ニュージーランドに住むRonald Clarkさんは日本のエルフなどが出ているアニメをダウンロードし、視聴したとして逮捕されたそうです。

どんなアニメをダウロードしたのかなどはこのあと紹介しますが、正直いろんな意味で日本人にとっては切ないニュースです。

彼がダウンロード・視聴したアニメとは

彼がダウンロードしたのはエルフやピクシー、さらにトロールなどが出てくるファンタジーアニメだったそうです。

エルフ?ピクシー?トロール?という人のためにAmazon.co.jpで売ってるフィギュア?フィギア?でどんなものたちなのか、まずは紹介したいと思います。

エルフ

リネージュ2 エルフ (1/7スケールPVC塗装済み完成品)
ロード・オブ・ザ・リングの弓を射る人、名前ど忘れしちゃいましたけど、彼もエルフです。

ピクシー

ティンカーベル フィギュリン ディズニーストアUSA25周年限定品 [並行輸入品]
妖精なんですけど、小さいやつをピクシーというようです。ピーターパンのティンカーベルはピクシーらしいです。

余談ですけど上のティンカーベルのフィギュア。プレミアが付いてるのか15000円もするそうです!!

そしてコレ

ディズニー ティンカーベル ポリストーン製手彩色 並行輸入
なんとお値段、37800円から84000円らしいですよ!奥さん!

トロール

ドラゴンクエスト ソフビモンスター 033 ボストロール
ごっついこういうのです。ちなみにムーミンもトロールだったりします

ただし、彼がダウンロードして見たアニメは、こういったキャラクターたちが出てくる性的なアニメだったようです。

逮捕理由とその判決、言い分

Ronald Clarkはこのアダルトアニメの動画を3年前にダウンロードしたそうです。
そして,そのことが発覚し先日逮捕され、裁判の結果「好ましくないものを所有していた」という理由で懲役3ヶ月が課せられました。

実は彼は以前にも、10代の男の子に性的な暴行を加えたことがあり、矯正プログラムを受けていたことがありました。

彼の主張では、彼がダウンロードしたアダルトアニメは日本の企業によって作られ販売されているもので合法だし、日本ではアダルトアニメは大きな産業である。それに自分が見ていたアニメはエルフとかトロールが登場するだけで人間が出ていないのに、逮捕されるのは不当だと述べています。

それに付け加えて、アートとして鑑賞していただけで性的な観点では一切見ていないと述べています。

それに対して児童ポルノ反対グループECPATでディレクターを務めるAlan Bell氏は、例え人間が出てこなくても、そこに登場するエルフは幼いキャラクターであり、結果的に人間の未成年を性的な目で見ることに繋がったり、映像で行われていたことを現実にしようとする人が現れてもおかしくないと述べています。

skitched-20130427-220303
This photo was originally taken by steffofsd

いろいろ切ないところだらけのこの話

このニュースを読んでいて、すごく切なくなりました。

というのは、まずアダルトアニメのことを英語で「hentai 変態」ということです。
ニュースサイトでも一応、補足説明は入れてありましたがhentai=cartoon pornographyと訳されています。

Sushi,Tempura,Sake,Samuraiが英語になるのは良いです。日本の文化ですから。
それにTsunamiはもともと英語になかったあの津波の状態をTsunamiと呼ぶわけなので仕方ありません。
でも、Hentaiはちょっと勘弁して欲しいなーと思いました。

ここでは敢えて画像出さないんですけど、Google Imagesで「Hentai」と入れて検索すると、そういう絵が山のように出てきます。

それと日本人のアニメ好きが世界である意味笑い(失笑)のネタとして紹介されたり、Japan Dayと言えばコスプレをした外国人がたくさん集まったりするのも、個人的に何となく切ない気持ちになります。

これも日本の文化だし、大きな産業として国を動かしているのかもしれないけど、なんか素直にこういう文化を「日本の文化です」と胸を張って言いたくないのは自分だけでしょうか。

情報元
Ronald Clark Jailed For Watching Cartoon Pornography… | Stuff.co.nz

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS