4月からのNHK「おとなの基礎英語」舞台はニュージー!

4月1日、ちょっと急なんですけど、明日から始まるNHK「おとなの基礎英語」の舞台はニュージーランドです。

ニュージーランドに行ったことある人で、基礎英語を身につけたいという人はもちろん、とにかくニュージーランドを愛して止まない人にとってけっこうな朗報なので、どの辺が朗報なのか、どんなことを学べるのか紹介してみたいと思います。

skitched-20130331-195054
↑もう表示だけでもニュージー好きにはたまりません。

おとなの基礎英語ってどんな番組

「おとなの英会話」は毎日月曜日から木曜日まで夜10時50分から夜11時までの10分間で、海外旅行などでちょっとした会話を楽しみたい方向けに作られた番組です。

半年間で100話も放送して、毎回1フレーズずつ勉強していきます。

仕事で平日見れない人は録画しても良いんですけど、土曜日の午後5時20分から6時の40分で4話連続見ることもできます。

NZ Loverは何が嬉しいか

そりゃもちろん、毎日お茶の間でニュージーランドの雰囲気を10分だけでも味わえることです。

もちろん、英語の中で「ハイ、グダイマイッ!」とかコッテコテのニュージーランド訛りは聞けないでしょうけど、街並みを見れたりとか、あとで紹介しますがニュージーランド独特の単語なんかも出てきます。

どんなことを学べるの?

2013-03-31 19-22-18

オンラインの試し読み画面をカメラで撮ってみました。本はもちろん手元にないので。

まずテキストを開くとこんなニュージーランドの写真がドドーンと出てきます。

Pernellが出てきたり、Matakanaのマーケットの写真、Aucklandのフィッシュマーケットなど、とにかくこれらを見ただけで、ニュージーランド好きならテンション上がること間違いなしです。

実際に学べることは上でもちょっと書いたとおり、かなりベーシックな英語です。

登場人物はワーキングホリデービザでニュージーランドに来た設定になっているので、これからワーホリに行きたい人にはピッタリすぎる教材です。
すでにワーホリでニュージーに来たことがある人にとっては懐かしい会話だと思います。

きっともともと英語苦手でワーホリで少し克服したけど、ワーホリが終わって英語をすっかり忘れてしまった人や、これから旅行に行く人が行く前の準備でテキストを使いながら勉強するにもちょうど良いレベルだと思います。

ニュージーランド英語が出てくる

ニュージーランドらしい英語もいろいろ出てきます。

例えば、出てくるフレーズで「Here’s one long black」とか「I would like to share a flat」なんていうのが出てきます。

他の国では「Long black(コーヒーの種類)」は出てこないでしょうし、flatもアメリカだったらapartmentとか言うみたいです。もちろんflatはイギリスとかオーストラリアでも使いますけどね。

全シリーズはかなり評判良いみたい

Amazon.co.jpで、今までのシリーズの評判をちょっと見てみたところ、けっこう評判が良いみたいです。

  • 旅行記として楽しめます!★★★★★
    スタジオの実践講座がまた楽しい。ダジャレが乱舞しながらいつの間にか英会話が身につく構成が飽きないで見られる。
  • 海外旅行ではお馴染みの挿話が盛り込まれていて楽しめます★★★★★
  • ドラマチックなお話についつい見入ってしまいます★★★★★

などなど、英語の教材としてはもちろん、ドラマとしてもけっこうキチンと作り込まれていて面白いようですよ。

その他、番組の詳しい放送時間を知りたい方はNHKのホームページ「NHK語学番組 | おとなの基礎英語 |」をご覧ください。
でも、あんまり番組内容は載っていません。ニュージーランドのことについては今のところゼロです。

ちなみに書店は売り切れてしまうことが多く、送料無料のAmazon.co.jpを使っている人がけっこういます。

もちろん明日の放送分には間に合いませんけどね…。

とりあえず最初の数回はテキスト無しで。
放送分は全部ハードディスクレコーダーに予約して繰り返し見たらけっこう勉強になると思いますよ!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS