[動画] 空港で預けた荷物がどう扱われるか 理想と現実

飛行機に乗るとき、空港でチェックインした荷物がどのようにして再び自分の手元に届くのかって考えたことありますか?

ベルトコンベアで運ばれた荷物がどんな行程を経て、再び自分の手元に返ってくるのかを知ることができる動画を2つ紹介したいと思います。

1つはデルタ航空が作ったプロモーションビデオ。そしてもう一つは機内にいた人が撮影したビデオです。


2012-09-04 19-48-47

まずはデルタ航空のプロモーションビデオ


ちょっとした大冒険を経て荷物が手元に届いてることがわかります。

残念なのは結局デルタ航空の広告なので、実際どれくらい雑に扱われているかはわからないんですけど、それでも見えなくなってから、再び手元に届くまでの行程はわかりますね。

一般人が偶然捉えた映像


この映像もニュージーランドで撮影されたものではありません。アメリカです。

もちろん上の2つは理想と酷いバージョンの現実なので、実際はこの中間くらいかな?という気はしますけど、でもこの映像を見れば何であんなにスーツケースが傷だらけで帰ってくるのかわかるような気がします。

だからこそ感動の再会

この手荷物の大冒険を考えると、受け取るときは「ピックアップ」と言うより「感動の再会」って感じがしませんか?

スーツケースを受け取るときはこんな感じで再会してみませんか?

あ、これ最初の40秒くらいだけ見てもらえたら十分です。

イメージ映像ですから。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS