エールビール未経験者はぜひお試しを!日本で買えるエールビール

日本に住んでいるとき飲むビールと言えば、一番搾りとかモルツとかでした。
あとコンビニで安くなっているのを買ってみたり、春限定とか秋限定、あと新製品が並んでいたら取り敢えず買ってみる。そんな感じでした。

でも、今思えばどのビールもラガービールばかりでした。

ところがニュージーランドに来てからは、ラガービールもたまには飲みますが自分で買うビールは1年を通してもっぱら「エールビール」です。

「エールビールって何?」という詳しい話はここではしませんが、今日は皆さんにエールビールを味わって欲しいですよ!という話です。

ちなみに日本のビールが嫌いな人でもニュージーランドに来てエールビールを飲んだら好きになったという人けっこういます。


サンクトガーレンというホームページでちょっと面白い文章を見つけました。

片方のビールしか知らない日本人
日本のスーパーやコンビニに並んでいる9割以上のビールは下面発酵製法によるラガービールです。しかし、世界的に見るとラガービールはビールの片方でしかありません。
ワインに置き換えるなら白ワインばかりが店頭に並び、赤ワインは限られたお店でしか買えない状態です。

今、思うとこの文章「本当にその通り!」という思ってしまいます。

フルーティーで味わい高いのがエールビール

ラガービールはもともと水道設備がしっかりしていないところで、水代わりに飲むものとして普及したそうです。飲むときはキンキンに冷やしてグビーッと飲みたいですよね。

ところがエールビールはワインの栽培に適さない地域でワインの代わりに生まれたそうです。なので、ワインに劣らない豊かな香りと味わいがあります。

日本で買えるエールビール

もちろん日本でもTuiとか買えるそうです。でもそれなりどころかけっこう高いです。

だったら日本人が作っているエールビールを飲んでみてはいかがでしょう?


去年の一時帰国で飲んですごく美味しかったのは「よなよなエール」

これ絶品です。

Amazon.co.jpでも買えて送料も地域によりますが無料のようです。

その他にもいろんな種類のよなよなエールがAmazon.co.jpで販売されていました。

次回帰国するときは、あらかじめ1ケース買っておいて日本滞在中は毎日これを飲もうと思っています。

その他、気になったのは上でも紹介した醸造所サンクトガーレンというところのエール。

8種類のビールを試せるそうです。
ゴールデンエール、アンバーエール、ブラウンポーター、ペールエールなどなどが飲めるそうです。

他にも探すといろいろありそうです

東京だとエールビールを飲ませてくれるバーがいくつかあったり、関東以外の人でもネットでいろいろ探すとエールビールを造っているところいくつも見つけられると思います。

ぜひ一度、エールビールを飲んでみてください!
上でも書きましたが、日本のビールが嫌いな人は特に試して欲しいです!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS