またまた最低時給がアップに思うアレコレ

スポンサーリンク

今日の政府の発表で2013年4月1日からニュージーランドの最低時給が25セント上がって13.75ドルになるそうです。

去年のちょうど今頃にも50セントアップしたので、ここ1年で75セントも一気に値上がりしたことになるわけですね。最低時給で働いている人に取ってはがんばらなくても毎年お給料が上がるわけですからありがたいニュース。でも最低時給が上がる事って本当に良いんでしょうか。

経済学者でもないただの素人さんがちょっと思ったことを書いてみます。

あ。その前に日本の最低時給は都道府県ごとに違っていて一番高い東京で850円、一番安いのは沖縄で653円です。

国の狙いはお金の流通量を増やすこと

ニュージーランドはここ数年に渡って賃金アップを国として推進しています。
去年13ドルから13.5ドルに上がったとき、将来的には16ドルくらいまで持っていきたいと述べていました。

ここ1年の75セントアップでフルタイムで働いている人は年間で1500ドルくらいの収入アップに繋がっています。国はそのお金で物を買ったり遊びに行ったりしてとにかくお金を動かしたいわけですね。

skitched-20130226-191922
This photo was originally taken by Remon Rijper

最低時給をもらってる人に取っては朗報

上でもちょっと書いたとおり最低時給で働いている人に取ってはけっこう朗報です。
ワーキングホリデーとか日系のレストランなどワークビザをもらって働いている人はけっこう最低時給の人が多いです。

スポンサーリンク

今回の13.5ドルから13.75ドルになって「たった25セント」な感じがしますが、フルタイムなら年間で520ドルもお給料が増えます。これってけっこう大きいですよね。

最低時給じゃない人に取っては悲報かも

例えばワークビザを持っている人が去年2012年の2月、最低時給が13ドルだったときに「ワークが取れたから14ドルにしてあげる」とお給料をアップしてもらったとします。

そのあと去年の4月に最低時給は50セント上がり13.5ドルに。そして今年4月1日から13.75ドルになります。もしこの間、14ドルもらっていた人のお給料が上がらなかったら最低時給との差額は25セントしかありません。

これって実質的なお給料ダウンみたいなものです。
ワーホリとワークで仕事の量や責任の重大さみたいなものなどに差があるのに、お給料の差は狭まるわけですから。

実際こう言う人たちってけっこう多いと思います。

中小企業は大打撃

例えば今回の最低賃金アップで最低時給のスタッフだけでなく合計で10人のお給料を上げざるを得ないお持ち帰り寿司屋があったとします。

ここ2年で時給が75セント上がっているわけですから、年間で15,000ドルの人件費が増えるわけです。これは純粋に利益が15,000ドル減るって事です。

1パック10ドルでお寿司を売っていたとしたら、15,000ドルの売り上げをあげるなら年間で1,500個売らなければなりません。でも必要なのは利益で15,000ドルなので、純粋な利益の15,000ドル分って言ったら、もしかしたら5,000個かそれ以上今までより売らないと会社は賃金アップ分の利益を補えないわけです。

巡り巡って国民のお金は減る気がする

今までより年間で5,000個、1日14個のお寿司を今までより多く売るのが難しい場合、オーナーはどうするでしょう?

値上げをするかもしれません。10ドルを10.5ドルとか11ドルにするかもしれません。
でも、仕入れ先も人件費が上がったから、卸値を上げているかもしれないので、さらなる値上げが必要になることだってあります。11ドルどころか11.5ドルにしなければいけないかもしれません。

それかその分、お寿司を小さくして値上げはしないという作戦に出るしかありませんね。

skitched-20130226-191909
This photo was originally taken by PetitPlat – Stephanie Kilgast

つまり社会全体で物価が上がってしまう可能性が十分にあるわけです。
そうしたら消費者は収入が増えても支出が増えるので、全然得じゃないどころか損をしている可能性もあります。

さらに、10人いたスタッフを1人減らすかもしれません。
それによって失業率が上がる可能性も十分にあります。

下手な考え休むに似たり

なんていろいろ考えてみたんですけど、専門家的にはどうなんでしょう。

こういうのに詳しい専門家の方で、もし「いや、そんなことないよ」「こういう経済効果があるんだよ」というのがあれば、ぜひ教えてください。

今の自分の目にはここ数年の最低賃金アップはネガティブな面しか見えません。

この意見に賛成な方はFacebookの「その意見いいね」という意味で「いいね」をよろしくお願いします。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS