クライストチャーチのGoogleマップが地震後の姿に更新

スポンサーリンク

Canterbury地方で起こった地震から約2年。
Googleマップの地図がやっと地震後の姿にアップデートされました。

撮影されたのは去年の4月なので、今よりも復興が進んでいない状態の航空写真ですが、いろいろなところを見て回ることが出来ます。

街の中心部はこんな感じです

View Larger Map

大聖堂・大坂屋・サンシャイン周辺

View Larger Map

カジノ・クラウンプラザ周辺

View Larger Map

引きで見ると、その異常さがわかる

一番最初のGoogleマップで「ー」を押すと少しひいた写真を見ることができます。
それを見るとわかるんですけど、被害がものすごい局所的です。荒廃した場所がすごく限られた場所に収まっています。

そしてこの写真は地震の日2011年2月22日に、震源地のほぼ真下、クライストチャーチから南東に7キロの場所にあるPort Hillsという山の上から撮られた1枚です。
skitched-20130127-145835
地震が起こった瞬間、街の中心から土煙が立ちこめ多くの建物が崩壊しました。

もちろんあそこに高い建物があって、それが崩壊したから土煙が立つのはわかるんですけど、なんであんなにピンポイントで地震の被害が出たのか不思議でしょうがありません。中には地震兵器の実験としてChristchurchが選ばれたんだなんていう噂が出たりしていましたが、そう思ってもおかしくないくらいのピンポイントに狙ったような状態です。

早い復興を祈ります

地震の後に地震の前の航空写真を見るのは「あーこんな景色だったんだなー」と思えてどこか心が痛かったんです。
地震後の写真になってからは「こんなに壊れてしまったんだ」と思えて、結局心が痛いです。

「復興を祈る」というと結局他人事になっちゃうのかもしれないですけど、早く復興してくれることを祈っています。

スポンサーリンク

自分でGoogleマップで見たい場合はこちらをどうぞ。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS