未分類

ニュージーランド「自由に生きられる国」で1位を獲得!

何かと国際ランキングを行うと上位に食い込んでくるニュージーランド。

今度は「自由に生きられる国」で123ヶ国中「1位」に選ばれました!

日刊ニュージーランドライフを読んでくださっている方の中には、選ばれることが当たり前すぎちゃって「あ、また選ばれたの?ふーん」くらいになっちゃってる方もいるんじゃないでしょうか。

そのくらいニュージーランドはとにかく良い国なんです。

「自由に生きられる国ランキング」がいったい何を基準に選ばれたのか、また上位10ヶ国と下位10ヶ国を紹介したいと思います。

調査内容

この調査は上でも書きましたが123ヶ国を対象にカナダにある調査会社The Canadian Fraser Instituteが、その国の自由度を数値化しました。

スポンサーリンク

市民としての生活を自由に楽しむことができるか、言論の自由、宗教の自由、経済的な自由、さらにはゲイに対する偏見、女性の差別、犯罪や暴力などの発生率を各国に対して行っています。

skitched-20130113-205420
This photo was originally taken by justingaynor

上位10ヶ国と下位10ヶ国

上位1ヶ国

  1. ニュージーランド
  2. オランダ
  3. 香港
  4. オーストラリア
  5. カナダ
  6. アイルランド
  7. アメリカ
  8. デンマーク
  9. 日本
  10. エストニア
下位10ヶ国

  1. カメルーン
  2. ブルンジ
  3. イラン
  4. アルジェリア
  5. コンゴ
  6. シリア
  7. スリランカ
  8. パキスタン
  9. ミャンマー
  10. ジンバブエ

ちなみにイギリスは18位、フランスは33位、ドイツは35位でした。

意外だったのは突然「トップ10」に躍り出てきたエストニアです。
名前は知ってますけど、国のイメージが全然ありません。正直どこなのかすらわからず調べちゃいました。
場所はヨーロッパ。フィンランドの真下ですね。え?フィンランドってどこ?という人はGoogle Mapsなどで調べてみましょう!

さらに意外だったのは、いろんなランキングで上位にいつも食い込んでくるスイスやフィンランド、スウェーデンがトップ10にはいないことです。

4日間限定&座席数限定のセール開催中!ニュージーランド航空

ニュージーランド航空は現在オールブラックス来日記念して、「4日間限定」「日数限定」で、11月12月の往復航空券を8.5万円から出してますよ!
11月12月と言えば本来航空券は高い時期なので、これは見逃せません!

セール終了は10月21日まで。渡航対象機関は11月6日から12月24日まで

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

もっと詳しいランキングを見ることができれば、トップ20位くらいには入っているのかもしれないですけどね。でも詳細なランキングは本を買わないとダメららしいのでわかりません。

ニュージーランドは納得の1位

ニュージーランドは女性の参政権を一番最初に認めたり、社会に進出している女性の比率や、女性の首相を生んだ国、さらに同性同士の結婚を認めていたり、裸族にも寛大だったりします。

そのせいか「犯罪とか悪いことじゃなければ、多少の迷惑くらいなら他人にかけても、何をしても良い」という考えがすごく強いように思えます。

なので時には日本人のようにルールをキチンと守る人種からすれば「えっ!信じられない」ということも平気でしちゃいますし、この「多少の迷惑」がけっこう迷惑だったりすることも多々あります。

そんな多少の迷惑を食らって「イラッ!」とすることもありますが、それでもニュージーランドのこの自由な風潮は居心地が良くてすごく大好きです。

情報元
NZ tops global human freedom list – National – NZ Herald News

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のTwitter @masaosadaには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。