家電製品。日本で買って送るのと海外で買うのどっちがお得?

スポンサーリンク

昨日の記事でリチウム電池が入ったデジカメや電子辞書などを海外に発送することができるようになりましたよ!という話を紹介しました。

今までデジカメを日本で買ってもEMSなどでは海外に送ることができなかったのが、送ることができるようになると気になるのが「日本と現地で買うのどっちが得なのか」です。

よく周りの人たちとそんな話をしていたことがあるので、今日はそんな「家電製品。日本で買って送るのと海外で買うのどっちがお得?」についてです。

日本で買うメリットとデメリット

比較するなら日本でも買えて、ニュージーランドでも買えるものの方がわかりやすいので、ニュージーランド最大手の家電量販店Dick SmithのWebを眺めてみたところPanasonicのTZ30というカメラを今回の比較に使うことにしました。

skitched-20130102-134950

◎:マニュアルが日本語
こういう機械系は日本語の方が絶対に良い!という人多いですよね。日本語の方が読むのも早いし、理解度も全然違います。
中には「そもそも日本語でも何言ってるのわからない」なんて人いますが、だったら余計英語で書かれていたらチンプンカンプンです。断然、日本語のマニュアルの方がオススメです

X:配送料がちょっとお高め
海外発送はどうしても高めです。PanasonicのTZ30の場合、配送料は段ボールなど含めると2,000円から3,000円はかかってしまいます。

X:手元に届くまで時間がかかる
はるばる海を渡ってくるので、手元に届くまで時間がかかります。
「今すぐないと困る!」という状況だとやっぱり日本で買うのは時間がかかりすぎます。

◎:日本で買うと激安!!
商品にもよりますが、日本だと人気がある商品、売り出しの商品であればあるほど安くなります。それと新しい機種が出る直前も値下げが行われます。

スポンサーリンク

例えばPanasonic TZ30の場合、Dick Smithで買うと$598です。
skitched-20130102-132150

日本円にすると39,000円から42,000円します。1つ前の機種TZ20でも$449(29,000円から31,500円)です。

ところがAmazon.co.jpで買うと
skitched-20130102-132259
15,180円です!2,000円3,000円の送料なら喜んで払います!っていう安さですよね。

X:壊れたときの保証はメーカー次第
ニュージーランドでは売っていない機種が壊れた場合、完全に日本でしか修理ができません。
ではニュージーランドで売ってる機種の場合どうでしょう。
実はメーカー次第なんです。もちろん直してくれても保証期間内であっても無料ではありません。

全体的に見たら日本で買うのが絶対お得!

人口が少なくて価格競争とかがないニュージーランドは家電製品がとにかく高いです。
もちろん安い物も中にはありますが、日本の激安ぶりを考えるとイマイチです。

個人的な意見では「壊れたときの修理」さえ気にしなければ、絶対に日本で買った方がお得だと思います。

今回はPanasonicのカメラで比較しましたが、他のメーカーのカメラもこれと同じかこれ以上の値段差があったり、ニュージーランドの最新機種は日本だと1つ前の機種なんていうこともありました。

Amazon.co.jpはやっぱり安いし便利

海外(ニュージーランド)から買い物をするとき、最近はもっぱらAmazon.co.jpを使っています。
他にも価格コムなどで調べると最安値のところはあるんですけど、本から家電製品、さらには食べ物まで買える品揃え、送料の安さ、そしてクレジットカードで買い物ができるのがホント助かっています。

特にクレジットカードは海外発行のクレジットカードを受け付けないところがけっこうあるので、Amazon.co.jpは本当に重宝しています。

ホントDick Smithなどニュージーランドの家電量販店には申し訳ないんですけど、テレビとかDVDプレーヤとか、その国の仕様があるもの以外は全部日本で買おうと思うくらい値段差がありすぎます。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS