ラグビーワールドカップ2011が始まる前に知っておきたいこと

※追記2011年9月6日
ラグビーワールドカップで検索されてきた方へ。
この時期のあとも、日刊ニュージーランドライフではラグビー情報をいくつか書いてます。
合わせてこちらもどうぞ。

2011年9月9日から約1ヶ月半にわたってラグビーの祭典「2011 Rugby World Cup(2011ラグビーワールドカップ)が始まります。

開幕まで残すところあと3ヶ月ちょっと。

せっかく開催されるワールドカップなので楽しみたいと思ったのですが、自分自身ラグビーについてほとんど知りません。
サッカーも普段は見ないしルールも詳しくないけど、ワールドカップになると毎回見ちゃうタイプです。

「何も知らなきゃさすがに楽しめない!」ということで、事前にちょっとは情報を入れておきたいと思いまとめてみました。

素人目線で集めた情報ばかりなので、「これも知ってると楽しめるよ」など追加で情報をいただけるとありがたいです。

ザッと概要「ラグビーワールドカップ2011」

今回で7回目のラグビーワールドカップ。
開催国は、ラグビーと言えばオールブラックス。オールブラックスと言えばニュージーランドということで、ニュージーランドで開催されます。

今回のワールドカップ開催に当たり3.1億NZドル、日本円で200億円の費用がかかると言われています。そしてこのイベントは2.8億NZドル、180億円ものお金をチケット販売だけで生み出すと期待されています。
それ以外に世界中から集まる観光客が落としていくお金を考えるととんでもない利益を生むとされている。

これだけ大規模なイベントは過去にニュージーランドで開かれたことがありません。

ワールドカップは2011年9月10日から始まり、10月23日、Labour weekendの日曜日に決勝戦が開かれます。詳しい日程はラグビーワールドカップの試合日程一覧をご覧ください。

気になる出場する国は

今回出場する国は20カ国。

20カ国を世界ランキングを元に4つのプールに分けリーグ戦を行い、それぞれのプール1位2位が準々決勝に進出、その後はトーナメント戦となる。

プールA:ニュージーランド、フランス、トンガ、カナダ、日本
プールB:アルゼンチン、イングランド、スコットランド、グルジア、ルーマニア
プールC:オーストラリア、アイルランド、イタリア、ロシア、アメリカ
プールD:南アフリカ共和国、ウェールズ、フィジー、サモア、ナミビア

日本とニュージーランドの試合がある日はいつ?

どうしても気になるのは日本の試合がある日。そしてニュージーランドに住んでいると気になるのはニュージーランドの試合がある日ですよね。

残念なことに日本とニュージーランドは同じプールA。つまり1位と2位にならない限りどちらかが準々決勝に出るとき消えてしまう。もちろん実力があるニュージーランドが残る可能性は高い。

日本の試合がある日はこんな感じ。
2011年09月10日 18:00 日本 対 フランス
2011年09月21日 19:30 日本 対 トンガ
2011年09月27日 17:00 日本 対 カナダ
日本の試合の様子はここでチェックできる。
Japan | Official Rugby World Cup 2011 Site

そしてニュージーランドの試合がある日はこんな風。
2011年09月09日 20:30 ニュージーランド 対 トンガ
2011年09月24日 20:30 ニュージーランド 対 フランス
2011年10月02日 15:30 ニュージーランド 対 カナダ
ニュージーランドの試合の様子はここでチェック。
New Zealand | Official Rugby World Cup 2011 Site

そして。日本とニュージーランドの対決がある日は
2011年09月16日 20:00 日本 対 ニュージーランド

ほかの試合は見なくても、この試合は見ないわけにいかない。

ところでラグビーのルール

自慢することじゃありませんがほとんど知りません。
知っているのは

  • ボールは持って走る
  • 投げるときは横か後だけ
  • 1人はみんなのために。みんなは1人のために © スクールウォーズ

ということで。
ルールをここで紹介するのはさすがに難しいので、わかりやすくラグビーのルールを解説してくれているサイトをいくつか紹介します。

これだけ知っていれば十分?

正直、経済効果とかそんなの知らなくても、おおざっぱなルールを知っていれば十分楽しめると思います。
もちろんそのスポーツももっと知っていれば,知っている分だけ楽しめるので知っているに越したことはないと思います。

とりあえずこれから開催まであと3ヶ月でいろいろ情報を得て、楽しむための下準備をしたいと思います。

情報元

2011 Rugby World Cup – Wikipedia, the free encyclopedia
2011 ラグビーワールドカップ – Wikipedia
Official RWC 2011 Site – Home

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS