ロード・オブ・ザ・リングにも登場したRuapehu山が噴火直前

スポンサーリンク

ロード・オブ・ザ・リングの劇中でMount Doom(滅びの山)として描かれていたRuapehu山が噴火するであろういうニュースが飛び込んできました。

しかも「噴火するかも」ではなく「かなり高い確率で噴火する」と断言されているため注意が必要です。

Raupehu山ってどこ?


View Larger Map

場所は北島のほぼ中心。Taupo湖から車で1時間半から2時間のところにあります。
今年8月に噴火したTongariro山と同じ並びにあります。

現在の状態と今後の見通し

先週調査を行ったときRuapehu山の火口湖から数百メートル下の温度は800度でした。
通常、この800度という高い熱が火口湖の水を温めてるのですが、なぜか湖の温度はいつもよりずっと低い20度でした。

これが何を示しているのかというと、普段は湖に抜けていく火山の熱の力が何らかの理由で湖に抜けずにいるということです。
つまり火山の力は抜けずに力を溜め続けていると言うことです。

そして溜まった力はいつか爆発し、それが噴火に繋がるという結果が出ました。

スポンサーリンク

そこでニュージーランドの地質学者は警告を出しました。
そしてそれを受けたニュージーランドの環境省(Department of Conservation)は登山家やトレッキングをする人たちに、山頂から2km以内に立ち入らないようにしたそうです。

環境省のHarry Keysはインタビューで「Ruapehu山は非常に活発で、現状維持は難しい」と述べているそうです。現状維持というのは「噴火をしない状態」を指しているので、このままでは噴火してしまうと言うことです。

続けてHarry Keysは「噴火の規模は大きいか小さいかわからないが、噴火は数ヶ月ではなく数週間以内に起こる可能性が高い」とかなり具体的な日数まで提示しています。

Ruapehu山は世界的に見ても有数の活火山、もちろんニュージーランドでは最大の活火山であり、ニュージーランドの北島で最も高い山(2,797メートル)のため、大規模な噴火が起こった場合の飛行機や、観光、さらには日常生活への被害は計り知れないものです

もう今の状態を考えると噴火は避けられそうもないようなので、大爆発だけは避けて欲しいと思います。

Canterbury地方の地震と言い、ここ最近起こっている噴火と言い、災害が絶えないのはニュージーランドの大きな収入源、観光にも響くのでやめて欲しいなと思う今日この頃です。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS