謎の郵便物大量失踪事件、遂に解決?

スポンサーリンク

またまたニュージーランドで謎の事件が起こりました。

過去にもニュージーランドの珍事件を紹介して来た日刊ニュージーランドライフ。今回も珍事件、でも今回のはかなり大人数に迷惑を掛けた事件を紹介したいと思います。

その前に過去の珍事件をサラッと紹介しておきますね。
興味ある方はあとで読んでみてください。
強盗犯が同じ家に1日2回も潜入。2回目に○○を残す
目的は?道路に突然現れた謎のハサミのマーク
警察のFacebookに”ヤッホー!”と書き込む指名手配犯→逮捕
HIVの夫、自分の血を妻に注射→感染 in Auckland

さてさて、今回の事件は悪意があった行動ならものすごく悪質な事件です。
でも、読み進めていってもらうとわかるんですが、そこに悪意が感じられず、なぜかわからないんですけど、ニュージーランドらしさを感じてしまうんです。

さて、いったいどんなニュースなんでしょう。



This photo was originally taken by RubyGoes

ニュージーランドのQueenstownでしばらく前から郵便物が届かないというトラブルが多発していたそうです。

Black McDowellさんはある日、自宅に届くはずの電気代の明細とクレジットカードが届かないことに憤りを感じて郵便局に文句を言いました。
その他にもQueenstownではしばらく前から「郵便物が届かない」という報告が多数上がっていて、あまりの数の多さにとうとう郵便局が3ヶ月前から本腰をあげて調査に乗り出しました。

スポンサーリンク

その結果、荷物はQueenstownの郵便配達員(32才)の家で発見されました。
その数、なんと今わかっているだけで1万以上。


This photo was originally taken by oriolsalvador
イメージです

しかも、警察は1つ1つ記録を取りながら処理してて数を数えていて、未だに全部でいくつあるのかまったくわからないそうです。そして荷物の日付を見て行くと去年の11月くらいのものまであったそうです。

つまり単純計算でも1日に300通以上の郵便物が消えていたと言うことですよね。

不思議なのはどれも未開封だということです。中身を換金する目的で盗んだわけではなく、すべて未開封のまま郵便配達員の家に保管されていました。

何のために盗んだんでしょう?
郵便物を配達せずにお給料だけお金だけもらおうとした怠け者だったなのか、それとも本当は何か盗んで、あとの1万通以上の手紙はカモフラージュなのか。

目的がわかりません。

彼女は結局窃盗の疑いで逮捕されました。審議がどうなるのかはこれからの調査次第なようです。

セール終了まであと今日を入れて3日!

ニュージーランド航空が10月19日から11月19日までのあいだセールを開催しています。
対象機関は11月から4月で、今回のセールの最安値は8.9万円です。

さらに今回はエコノミーのチケットを買った方のなかから抽選で30名がプレミアム・エコノミーにアップグレードします!これはスゴイ。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

発見された1万通以上の荷物は、郵便局と警察が総出をあげて、1つ1つ持ち主に送り届けているそうですが、ホント迷惑な話ですね。

'Stolen' mail to be delivered to frustrated recipients – One News | TVNZ

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS