口ひげ男が大増殖!11月は”M”ovember

スポンサーリンク

あと数日するともう11月です。11月と言えば英語でNovemberです。

そして11月と言えば日本では一般的ではありませんが、ニュージーランド・オーストラリア、さらにはヨーロッパやアメリカ、カナダでは毎年口ひげの男が増殖する月「Movember」として知られています。

NovemberにMovember。
完全にダジャレというか、語呂合わせ的なムード満点なんですけど実は世界で最も大きなあることを目的とした活動の呼び名です。

そしてMovemberの最後(11月末)には、だれでも参加できて、豪華な賞品が出るイベントまで開催されます。

今回はそんなMovemberを紹介したいと思います。

Movemberに男性がすること

Movemberという言葉は、ヒゲの英語moustacheと11月Novemberを掛け合わせた言葉です。

Movemberの活動に賛同する人たちは10月31日にキレイにヒゲを剃り、11月30日までヒゲを剃りません。それまではボサボサにはせず、切り揃えたりワックスを塗ってキレイに保っていきます。

Moustancheと言えばやっぱり思い出すのはこの人ですかね。


This photo was originally taken by Dr Case
彼は一年中Movember状態ってことです。

スポンサーリンク

MovemberのあいだはMo Bros(ヒゲ兄弟?)としてMovemberの活動を会う人たちに話しながらMovemberの普及活動をして行きます。

そしてMovemberの最後は、各部門ごとにオシャレな口ひげを競うイベントが開催されます。

エントリー方法は、ヒゲを剃った状態の写真を撮って登録し、11月末までじっくり育てたヒゲの写真を再度登録するだけです。

どうですか?

これだけ聞くと、なんかゲイの集団かな?とかなんか怪しい新興宗教かな?とか思われてもしょうがありません。

でも、彼らの目的は至って真面目で、ゲイでもなければ新興宗教でもありません。

Movemberの活動目的

女性の場合、乳がんの正しい知識を広めるため・早期検診を推進することなどを目的としたピンクリボンという活動があるのは有名ですね。
その他にも女性特有の病気をサポートする団体は世界中にたくさんありますが、男性の病気をサポートする団体はあまりありません。

Movemberは男性版ピンクリボンみたいなもので、乳がんの代わりに前立腺がんの正しい知識を広めたり、治療のサポートを行っています。その他、鬱の改善や男性の健康全体の向上を目的としています。

もともとは1999年にオーストラリアの街アデレードに住む若者がパブで立ち話をしながら考えついたアイディアで、徐々に人を増やし最初のMovemberは80人からスタートしました。

それから5年間はアデレードのみで活動をし、2004年にメルボルンで、そのあとは徐々に国を広げ、南アフリカ、ヨーロッパ、さらには2006年にアメリカ、カナダへと広がっていきました。

今ではスタートした当初から2011年までの9年間で、このMovemberを通して、約4億NZドルもの基金を集めることに成功しています。

日本ではかなりマイナーな活動

日本ではそもそも口ひげをする文化があまりないのと、日本人男性は食生活などの理由からアメリカなど欧米と比べて、前立腺がんの発症率が低いため普及しにくいかも知れません。

ところが、アメリカなど欧米では5人に1人が診断されるほど一般的なものらしいです。

活動自体はキチンとしているようなので、こういう活動を通して病気の人たちのお手伝いができるのはすごく良いことだと思います。

ニュージーランドではわりとメジャーなイベントらしいので、来月末には口ひげ男の割合がグッと増えるかも!?ですね。

Movemberのサイト

Movemberの詳しいことを知りたい方はこちらをどうぞ。
Movember Worldwide – Home

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS